【特集】北斎とジャポニスム展

北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃

【特集】北斎とジャポニスム展


北斎が西洋にもたらした革新

「北斎×ジャポニスム」

 19世紀後半、日本の美術は西洋の人々を大いに魅了し"ジャポニスム"という現象が生まれました。なかでもとりわけ注目を集めたのが葛飾北斎。モネ、ドガ、ゴッホ、ゴーガンなど、名だたる西洋美術の巨匠たちが北斎作品に刺激を受け、その新しい視点や手法を取り入れることで"新たな芸術"へと発展させたのです。「北斎とジャポニスム」では、西洋の芸術家たちに衝撃を与えた北斎芸術の特質とその影響を、国内外のコレクションから選りすぐられた作品で紹介。北斎作品と合わせて、モネ、ドガらの印象派の絵画をはじめ、マネやクレーの貴重な素描、ティファニーやガレの装飾工芸まで、世界10ヵ国以上から集結した名作が一堂に会します。圧倒的スケールで披露される"東西・夢の共演"は必見!

葛飾北斎とは 宝暦10年〜嘉永2年(1760〜1849)。江戸時代後期を代表する浮世絵師。狂歌本や読本挿絵、『北斎漫画』に代表される絵手本などの版本、錦絵版画、肉筆画などを手掛けました。とりわけ「冨嶽三十六景」は代表傑作として名高く、歌川広重と並んで江戸時代後期の浮世絵における風景画のジャンルを確立。90歳で亡くなるまで、幅広い分野の作品を残しました。

西洋美術の傑作と北斎の名品。

その対比から見えるもの


●モネ● 木々のリズム感に注目!

モネはポプラの木立を繰り返し描きましたが、《陽を浴びるポプラ並木》は構図のリズム感が卓越。木々の垂直線がテンポよく並ぶこの造形は、北斎の《冨嶽三十六景 東海道程ヶ谷》に描かれた松の並木に呼応しています。

1004hokusai_b.jpg

(左)クロード・モネ《陽を浴びるポプラ並木》1891年 油彩、カンヴァス 93×73.5cm 国立西洋美術館(松方コレクション)
(右)葛飾北斎《冨嶽三十六景 東海道程ヶ谷》天保元-2年(1830-31)頃 横大判錦絵 25.7×37.8 ミネアポリス美術館
 Minneapolis Institute of Art, Bequest of Richard P. Gale 74.1.237 Photo: Minneapolis Institute of Art


●ドガ● 何気ないポーズに注目!

「踊り子の画家」と呼ばれたドガにとって、バレリーナは人体表現の研究のための重要なモティーフ。『北斎漫画』に登場する人物の、何気ない気ままなポーズは彼の研究心を刺激しました。

1004hokusai_c.jpg

(左)エドガー・ドガ《踊り子たち、ピンクと緑》1894年 パステル、紙(ボード裏打)66×47cm
吉野石膏株式会社(山形美術館寄託)
(右)葛飾北斎『北斎漫画』十一編(部分)刊年不詳 22.8×15.8 浦上蒼穹堂



●セザンヌ● 山の描き方に注目!

セザンヌは北斎の『冨嶽三十六景』のように、南仏のサント=ヴィクトワール山を異なる視点から捉えた絵画を複数残しています。ここに見る《サント=ヴィクトワール山》は、たとえば《冨嶽三十六景 駿州片倉茶園ノ不二》のように遠景には主題である山、手前には木々を配することで、俯瞰的に中景を眺める構図になっています。

1004hokusai_d.jpg

(左)ポール・セザンヌ《サント=ヴィクトワール山》1886-87年 油彩、カンヴァス 79.3×92.3cm フィリップス・コレクション、ワシントンD.C.The Phillips Collection, Washington, D. C.
(右)葛飾北斎 《冨嶽三十六景 駿州片倉茶園ノ不二》天保元−2年(1830-31)頃 横大判錦絵 オーストリア応用美術館、ウィーン
MAK - Austrian Museum of Applied Arts / Contemporary Art, Vienna Photo: ©MAK / Georg Mayer



●カサット● ありのままの姿に注目!

北斎が知られる以前は、幼い女の子は行儀の良いポーズで描かれていました。メアリー・カサットが描いたこの退屈そうなポーズ、これはまさに『北斎漫画』が流布した証。

1004hokusai_e.jpg

(左)メアリー・カサット《青い肘掛け椅子に座る少女》1878年 油彩、カンヴァス 89.5×129.8cm  ワシントン・ナショナル・ギャラリー National Gallery of Art, Washington, Collection of Mr. and Mrs. Paul Mellon, 1983.1.18 Courtesy National Gallery of Art, Washington
(右)葛飾北斎『北斎漫画』初編(部分)文化11(1814)年 浦上蒼穹堂


北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃
■会期/2017年10月21日(土)〜2018年1月28日(日)
■会場/国立西洋美術館(台東区上野公園7−7)
■開館時間/9時30分〜17時30分  金・土曜日は20時まで、11月18日は17時30分まで
※入館は閉館の30分前まで
■休館日/月曜日(1月8日は開館)、12月28日〜1月1日、9日
■観覧料金/[当日]一般1,600円、大学生1,200円、高校生800円、中学生以下無料
公式サイト→ http://hokusai-japonisme.jp


★こちらの招待券を5組10名様にプレゼント!
★申込み締切 10/18(水)12時 まで
※当選者の発表は賞品の発送をもってかえさせていただきます。


更新日:2017年10月4日(水)

ログイン後に送信可能になります。ページ上部にある認証ボックスより認証をしてください。

会員登録はこちら web限定会員プレゼント 今月のladytokyo 朝日おでかけ ふるさといろは.com