パリ グラフィック展

パリ グラフィック
ロートレックとアートになった版画・ポスター展

パリ グラフィック展


 19世紀末、パリ。様々な芸術運動が勃興する中で、版画は新たな芸術表現を切り拓く重要なメディアとなりました。それまで単に複製や情報伝達のための手段でしかなかった版画は、トゥールーズ=ロートレックや世紀末の前衛芸術家たちにより絵画と同じく芸術の域まで高められ、それらを収集する愛好家がも出現。一方、大衆文化とともに発展したポスター芸術をはじめ、かつてないほど多くの複製イメージが都市に溢れ、美術は人々の暮らしにまで浸透していきます。
 世紀末パリにおいて、「グラフィック・アート」はまさに生活と芸術の結節点。だからこそ前衛芸術家たちの最も実験的な精神が発揮された、時代を映すメディアであったと言えるでしょう。本展では、三菱一号館美術館およびアムステルダム、ファン・ゴッホ美術館の貴重な19世紀末版画コレクションから、リトグラフ・ポスター等を中心に、油彩・挿絵本等を加えた計約140点が集結! 世紀末のポスター・版画芸術の展開に新たな光を当てる本展をどうぞお見逃しなく。


■会期/〜2018年1月8日(月・祝)
■会場/三菱一号館美術館(千代田区丸の内2-6-2)
■開館時間/10時〜18時(入館は17時30分まで)
※祝日を除く金曜、11月8日、12月13日、1月4日・5日は21時まで
■休館日/月曜休館
※ただし1月8日とトークフリーデーの11月27日、12月25日は開館
■観覧料金/[当日]一般1,700円、大学生・高校生1,000円、中学生・小学生500円
公式HPhttp://mimt.jp/parigura

★こちらの招待券を5組10名様にプレゼント!
★申込み締切11/9(木)12時 まで
※当選者の発表は賞品の発送をもってかえさせていただきます。

更新日:2017年11月1日(水)

パリ グラフィック展
受付は終了しました。

ログイン後に送信可能になります。ページ上部にある認証ボックスより認証をしてください。

会員登録はこちら web限定会員プレゼント 今月のladytokyo 朝日おでかけ ふるさといろは.com