至上の印象派展 ビュールレ・コレクション

至上の印象派展 ビュールレ・コレクション


 スイスの大実業家エミール・ゲオルク・ビュールレ(1890〜1956年)は、生涯を通じ絵画収集に情熱を注いだ傑出したコレクターです。主に16世紀オランダ派から20世紀の近代絵画に至る作品を収集。中でも印象派・ポスト印象派の作品は傑作中の傑作が揃い、そのコレクションの質の高さから世界中の美術ファンに注目されています。
 そのビュールレ・コレクションの全ての作品が2020年にチューリヒ美術館に移管されることとなり、コレクションの全体像を紹介する最後の機会として、日本での展覧会が実現! 近代美術の精華といえる作品64点を展示し、その半数は日本初公開となります。絵画史上、最も有名な少女像ともいわれるルノワールの《イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢(可愛いイレーヌ)》をはじめ、スイス国外に初めて貸し出されることになった4mのモネ晩年の睡蓮の大作など、極め付きの名品で構成されるこの幻のコレクション! この機会をどうぞお見逃しなく。

■会期/2018年2月14日(水)〜5月7日(月)
■会場/国立新美術館 企画展示室 1E
■交通/千代田線「乃木坂駅」青山霊園方面改札6出口(美術館直結)、日比谷線「六本木駅」4a出口から徒歩約5分、大江戸線「六本木駅」7出口から徒歩約4分
■開館時間/10時〜18時
※毎週金曜日、4月28日(土)〜5月6日(日)は20時まで
※入場は閉館の30分前まで
■休館日/毎週火曜日 ※5月1日(火)を除く
■観覧料金/当日一般1,600円、大学生1,200円、高校生800円、中学生以下無料
http://www.buehrle2018.jp/


★こちらの招待券を5組10名様にプレゼント!

★申込み締切 2/28(水)12:00まで
※当選者の発表は賞品の発送をもってかえさせていただきます。


更新日:2018年2月7日(水)

至上の印象派展 ビュールレ・コレクション

入力例:foo@example.com

会員登録はこちら web限定会員プレゼント 今月のladytokyo 朝日おでかけ ふるさといろは.com