横山大観展

生誕150年 横山大観展

横山大観展


 横山大観(1868-1958)の生誕150年、没後60年を記念した大回顧展。東京美術学校に学んだ大観は、師の岡倉天心とともに同校を去り、日本美術院を設立。新たな時代における新たな絵画の創出を目指しました。西洋から様々なものや情報が押し寄せる時代に、日本の絵画の伝統的な技法を継承しつつ時に改変を試み、また主題についても従来の定型をかるがると脱してみせた大観。こうした手法はさらに広がりを見せ、自在な画風と深い精神性をそなえた数々の大作を生み出しました。
 本展では、40m超で日本一長い画巻《生々流転》(重要文化財)や《夜桜》《紅葉》をはじめとする代表作をはじめ、数々の新出作品や習作などの資料をあわせて展示。総出品数約90点から、制作の過程と大観の芸術の本質を改めて探ります。


■会期/2018年4月13日(金)〜5月27日(日)
■会場/東京国立近代美術館(千代田区北の丸公園)
■開館時間/10時〜17時 ※金・土曜は20時まで ※入館は閉館の30分前まで
■休館日/月曜日 ※4月30日は開室
■観覧料金/一般1,500円、大学生1,100円、高校生600円
http://taikan2018.exhn.jp/

★こちらの招待券を5組10名様にプレゼント!
★申込み締切4/19(木)12:00まで
※当選者の発表は賞品の発送をもってかえさせていただきます。

更新日:2018年4月4日(水)

横山大観展
受付は終了しました。

ログイン後に送信可能になります。ページ上部にある認証ボックスより認証をしてください。

会員登録はこちら web限定会員プレゼント 今月のladytokyo 朝日おでかけ ふるさといろは.com