【特集】京都・醍醐寺 ー真言密教の宇宙ー

【特集】京都・醍醐寺 ー真言密教の宇宙ー



 京都の山科にある醍醐寺は、貞観16年(874)に理源大師聖宝によって開かれて以来、歴史の表舞台で重要な役割を果たしてきた名刹です。真言密教のうちでも、特に加持祈祷や修法(儀式)などの実践を重視する寺として発展し、その本尊となる彫刻や絵画、修法で用いる仏具など、9世紀の開創期からの名宝が数多く伝わっています。また、修法の次第や方法、本尊の図像についての記録、時々の為政者からの帰依を示す文書などは7万点近くに及ぶもので、国宝「醍醐寺文書聖教」として醍醐寺の繁栄の歴史を伝えています。

 2016年、国宝・重要文化財の仏像や仏画をはじめ、文書・書跡など数多くの重要な寺宝が海を渡り、初めて中国で展示されました。平安時代から近世にいたる同寺の歴史と美術をたどる展覧会は好評を博し、上海と西安の2都市で80万人以上が来場しました。

 この中国展開催を記念して開かれる本展は、国宝・重要文化財に指定される仏像や仏画を中心に、貴重な資料・書跡を通じて、平安時代から近世にいたる醍醐寺の変遷をたどるものです。密教の世界観を表す重厚な密教美術のほか、桃山時代に豊臣秀吉が行った「醍醐の花見」の関連作品や、三宝院の襖絵、俵屋宗達による屏風など、醍醐寺をめぐる華やかな近世美術も鑑賞できる貴重な機会となります。

◎第1章 聖宝、醍醐寺を開く


0704daigoji_c.jpg

(左)「聖宝坐像」吉野右京作、江戸時代、延宝二年(1674)、醍醐寺蔵
(右)国宝「醍醐寺縁起」江戸時代、醍醐寺蔵、画像提供:奈良国立博物館、撮影:佐々木香輔



 平安時代・貞観16年(874)、天智天皇の流れをくむ聖宝(832〜909)は、東大寺において諸宗を学んだのち、醍醐味の水が湧き出るとうい笠取山を見出し、草庵を結んで准胝・如意輪の両観音菩薩像を安置しました。醍醐寺の始まりです。
 その後、醍醐寺は醍醐天皇をはじめ歴代の天皇の帰依を受け、開創から数十年のうちに薬師寺や五大堂などの堂宇がつぎつぎと建立され、寺観は順調に整えられていきました。本章では、聖宝の肖像や伝記、醍醐寺の縁起などから、同寺の草創期を概観します。



◎第2章 真言密教を学び、修する

0704daigoji_d.jpg

(左)国宝「薬師如来坐像」平安時代、醍醐寺蔵、画像提供:奈良国立博物館、撮影:佐々木香輔
(右)国宝「文殊渡海図」鎌倉時代、醍醐寺蔵、画像提供:奈良国立博物館、撮影:佐々木香輔

 加持祈祷や修法(儀式)などの実践を重視した醍醐寺は、その効験によって多くの天皇や貴族たちの心をとらえました。真言密教の二大流派のうち小野流の拠点となり、多くの僧が集まる根本道場と位置づけられた醍醐寺には、修法の本尊として欠くことのできない彫刻や絵画、修法に用いる仏具、修法の手順や記録などを記した文書や聖教などが蓄積されていきました。今に伝わる寺宝の数々は、千年以上もの間、醍醐寺が人々の願いに応えて修法を続けてきたことを示しています。



◎ 第3章 法脈を伝える―権力との結びつき―

0704daigoji_e.jpg

国宝「三国祖師影」鎌倉時代、醍醐寺蔵、画像提供:奈良国立博物館、撮影:佐々木香輔

0704daigoji_f.jpg

国宝「天長印信」後醍醐天皇筆、南北朝時代、延元四年(1339)、醍醐寺蔵、画像提供:奈良国立博物館、撮影:佐々木香輔

 修法が多く行われるようになると、各密教僧の間で異なる修法次第が生まれ、醍醐寺内でもいくつかの法流がつくられました。その中で中心となったのは、14代座主の勝覚が創建した醍醐寺三宝院を拠点とする三宝院流です。同院の院主は醍醐寺座主を兼ねることも多く、足利尊氏の政権における賢俊や、足利義満以下三代の将軍に仕えた満済など、彼らが座主として時の為政者から帰依を受けることで、寺は繁栄を遂げてきました。法脈の相承と繁栄の歴史を、文書・書跡からひもといていきます。



◎第4章 義演、醍醐寺を再びおこす

0704daigoji_g.jpg

(左)「豊臣秀吉像」江戸時代、醍醐寺蔵、画像提供:奈良国立博物館、撮影:佐々木香輔
(右)重要文化財「扇面散図屏風」俵屋宗達筆、江戸時代、醍醐寺蔵、画像提供:奈良国立博物館、撮影:佐々木香輔


 16世紀末に第80代座主となった義演(1558〜1626)は、豊臣秀吉などからの保護を受け、戦乱により荒廃した伽藍の復興整備を進めました。秀吉最晩年の慶長3年(1598年)春に催された醍醐の花見は、桃山時代の華麗な文化を象徴的に表すできごととして広く知られます。また義演は醍醐寺伝来の厖大な古文書・聖教の書写整理を行いました。『義演准后日記』には、近世初期の変革期の京都において、義演と醍醐寺が重要な役割を果たしていたことが克明に記されています。慶長年間に造営された三宝院表書院障壁画の金銀に彩られた襖絵や、俵屋宗達をはじめとする諸流派の絵師が描いた屏風は、当時の醍醐寺の繁栄をよく伝えています。



■会期/2018年9月19日(水)〜11月11日(日)
■会場/サントリー美術館(東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア3階)
■開館時間/10時〜18時 ※金土、9月23日(日・祝)、10月7日(日)は20時まで
※入館は閉室の30分前まで
■休館日/火曜日(ただし11月6日は18時まで開館)
■観覧料金/(当日券)一般/1,500円
前売券(一般)1,300円(販売期間:7月18日〜9月18日)
東京展 >> 早割りペアチケット:2枚で2,200円
(一般のみ、1名で2回使用も可 ※7月17日(火)まで販売)
http://daigoji.exhn.jp/

更新日:2018年7月4日(水)

会員登録はこちら web限定会員プレゼント 今月のladytokyo 朝日おでかけ ふるさといろは.com