ヤマキ

ヤマキの“割烹白だし”があれば
いつもの家庭料理がプロの味に格上げ!

ヤマキ

1205yamaki_b.jpg
年末年始は家族や親戚、友人などお客さまの多い時期。いつもよりちょっと頑張ってお料理する機会が増えると思います。そんな時、いろいろな調味料を用意しなくてもこれ1本で味が決まる"割烹白だし"は本当に重宝。今回、レディ東京の読者2名がフードスタイリストの細井美波さんに、ヤマキの"割烹白だし"を使ったお料理を3品教えてもらいました。




今回、参加されたレディ東京読者の方と先生
左より、山内さん(主婦)/尾上さん(主婦)/細井先生
家族のために美味しく手早くお料理を作りたいお二人。「割烹白だしを使えばレパートリーが増えそう」と大満足

こんなに簡単ならもっと早く使っていればよかった
今回は、"割烹白だし"を使って「お雑煮」、「茶碗蒸し」、「カニ入りだし巻き卵」の3品を作りましたが、いかがでしたか?

山内さん 白だしをどんな風に使ったらいいのか、今までわからなかったのですが、手早くできることに驚きました。具材を切るだけで調味料を合わせる手間がないのは嬉しいですね。多くても2、3手間で済むのに美味しい!

尾上さん この茶碗蒸しは具材とだしの味だけですよね。こんなに簡単にできるなら、どんどん作りたくなります。

細井先生 白だしは野菜との相性がよいので、素材の味をしっかり感じたい人には特におすすめです。しゃぶしゃぶや寄せ鍋などの"スープ"や"つけだれ"としても使えますよ。

山内さん だし巻き卵も美味しかったです。今までは調味料の分量が難しく、その都度違う味になっていましたが、これがあれば味に迷うことがないですね。

**********************************************

1205yamaki_c.jpg◎先生から一言アドバイス◎
フードスタイリスト 細井 美波

短大卒業後、養成スクールでフードコーディネートを学び、料理家のアシスタントの傍らスタイリストの仕事をスタート。現在は書籍・雑誌・広告・カタログなどのスタイリング、フードスタイリングなど幅広く活躍中


「割烹白だし」は、具材の色がきれいに仕上がり、なおかつ味がしっかりと決まる便利な調味料です。色の割にしっかりと味がつくので入れ過ぎには注意。分量はしっかり守りましょう。炊き込みご飯も簡単に美味しくできるのでおすすめです。また、「割烹白だし」は旨味が多いので、鶏だしやコンソメの替わりに使うなど、和食だけでなく洋食にも応用できます。納豆パスタも美味しいですよ。

**********************************************


今回、"割烹白だし"を使って作ったレシピ

1205yamaki_d.jpg

材料(4人分)
卵 3個 /水 300ml(1と1/2カップ)/ 割烹白だし 大2/ かまぼこ 5mm 4枚/
しいたけ 2枚 /エビ 4尾 / 鶏むね肉 80g / ぎんなん 4個 / 三つ葉 適量

1. かまぼこは5mm幅にスライス、しいたけは4等分に切る。
2. エビは殻をむいて背ワタをとり、鶏むね肉は一口大に切ってそれぞれ酒少々をまぶす。
3. 卵を溶いてザルなどで濾し、水、「割烹白だし」を加えて混ぜる。
4. 器にしいたけ、鶏むね肉、を入れ3.を静かに注ぎ入れる。
5.〈加熱〉
◎レンジ(300w)→ラップをしてレンジで約5分加熱(途中場所を入れ替える)。かまぼこ、ぎんなん、エビをのせて更に1〜2分加熱。ラップをしたまま余熱で火を入れる。
※レンジ加熱の場合は2個ずつ (フライパンor鍋の場合は、布巾を敷いて水2〜3cmを注いで沸かしたフライパンor鍋に入れ強火3分、弱めの中火にして10分したらかまぼこ、ぎんなん、エビをのせ、さらに10分程蒸す。)
6. 三つ葉を散らす。


1205yamaki_e.jpg

材料(2人分)
水 500ml(2と1/2カップ)/割烹白だし 大3/人参 2cm/生しいたけ 2枚/有頭エビ 2尾/
切り餅 2個/鶏むね肉 1/4枚/大根 1cm/小松菜 1株/ゆずの皮 少々
※フライパンで切り餅を弱火で焼き色がつくまで焼く(10分くらい)、もう片面も。(4〜5分)

1. 鶏むね肉は一口大に切り、人参と大根は5cmほどの厚さに切って型があれば花型等で抜く。椎茸は軸を取り十字に切り込みを入れる。
2. 小松菜はさっと茹でて3〜4cm幅に切る。エビは背ワタを取り「つ」の字になるように茹でる。
3. 鍋に水、「割烹白だし」を入れて中火にかけ、ひと煮立ちしたら1.を 加えて3〜4分煮る。 途中アクを取る。
4. 椀に2.焼いた餅を 入れて3.を注ぎ、 ゆずの皮を添える。


1205yamaki_f.jpg

材料(2〜3人分)
卵 4個/カニ缶(ほぐし身) 1缶(50g)/ 小ねぎ 適量 /割烹白だし 大1と1/2/ 水  大1

1. 卵を溶いてザルなどで濾し、水、「割烹白だし」、汁気を切ったカニ缶の2/3量程度を加え混ぜる。
2. 卵焼き器にサラダ油適量を入れてペーパーで全体になじませ、中火で熱する。
3. 卵液を1/4量ほど入れて巻き、3〜4回に分けて巻き重ねる。
4. 巻きすにラップをして卵焼きをのせて巻き、輪ゴムでとめて10分程なじませる。
5. 切り分けて残りのカニの身、小口切りにした小ねぎを散らす。

※調理時間は目安です。使用器具により変わります

1205yamaki_g.jpg

《ヤマキ「割烹白だし」の特徴》★レシピで使いました!
味付け簡単 「割烹白だし」は、これ1本で料理の味がぴたりと決まる万能調味料。 薄色仕立てだから、食材の色や風味を活かした料理がキレイにおいしく仕上がります。簡単でおいしいから愛されています。
鰹節屋のこだわり ヤマキではかつお節を削ったその場でだしをとっています。かつお節が持つ本来のうま味と香りを最大限に引き出す、1994年発売以来、変わらぬ鰹節屋ヤマキのこだわりです。鰹一番だしの濃厚なうま味と香りで、料理の味を引き立てます。
価格:300ml 280円(税別)/500ml 380円(税別)


ヤマキ株式会社 お客様相談窓口 / 0120-552226
■受付時間/平日(月〜金)9時〜17時[土日・祝日・夏期休業・年末年始を除く]
■本社所在地/〒799‐3194 愛媛県伊予市米湊1698-6


※詳細は『レディ東京電子BOOK』で確認出来ます!

会員登録はこちら web限定会員プレゼント 今月のladytokyo 朝日おでかけ ふるさといろは.com