クマのプーさん展

ふるさとイギリスから、会いに行くよ

クマのプーさん展


 食いしん坊でおっちょこちょい、いまでは誰もが知る世界一有名なクマ「プーさん」は、1926年にイギリスで生まれました。物語を書いたA.A.ミルンと、挿絵を描いたE.H.シェパード。ふたりの共作によって生まれた機知とユーモアあふれる世界は、いまも世界中の人々を魅了し続けています。シェパードが鉛筆で描いたプーさんの原画を世界最大規模で所蔵するイギリスのヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(V&A)の貴重なコレクションを中心に企画された「クマのプーさん展」が、いよいよ今週土曜日に日本にやってきます。「クマのプーさん」がどのように生まれ、愛されてきたのか。その秘密をひもといていきましょう。

■会期/2月9日(土)〜4月14日(日)
■時間/10時〜18時(入館は17時30分まで)
※毎週金曜日、土曜日は21時まで(入館は20時30分まで)
■休館日/2月19日(火)・3月12日(火)
■観覧料/一般1,500円、大学・高校生900円、中学・小学生600円、親子券1,600円
■会場/Bunkamura ザ・ミュージアム 渋谷・東急本店横(東京都渋谷区道玄坂2-24-1)
■主催/Bunkamura、ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館、朝日新聞社、フジテレビジョン
■協力/ウォルト・ディズニー・ジャパン、東京子ども図書館、日本航空、岩波書店
■問合せ/TEL.03(5777)8600(ハローダイヤル)

◎公式サイト https://wp2019.jp/

★こちらの観覧券を5組10名様にプレゼント!
★申込み締切 2/22(金)12:00まで
※当選者の発表は商品の発送をもってかえさせていただきます。


更新日:2019年2月6日(水)

クマのプーさん展

入力例:foo@example.com

ログイン後に送信可能になります。ページ上部にある認証ボックスより認証をしてください。

会員登録はこちら web限定会員プレゼント 今月のladytokyo 朝日おでかけ ふるさといろは.com