シャルル=フランソワ・ドービニー展
バルビゾン派から印象派への架け橋

モネも愛した“水の画家”国内初の展覧会

シャルル=フランソワ・ドービニー展<br />バルビゾン派から印象派への架け橋

シャルル=フランソワ・ドービニー《オワーズ河畔》1865年頃 油彩/板 32.2×56.8cm
ランス美術館 ©Christian Devleeschauwer

 19世紀フランスを代表する風景画家シャルル=フランソワ・ドービニー(1817〜1878)の国内初の本格的な展覧会です。刻々と変化する水辺の情景を素早いタッチで描いたドービニーは、印象派の画家たちの指針となり、クロード・モネやフィンセント・ファン・ゴッホなど、次世代の画家たちに大きな影響をあたえました。
 本展覧会では初期から晩年まで、ドービニーによる作品約60点、ならびにカミーユ・コロー、ギュスターヴ・クールベ、オレノ・ドーミエ、息子のカールといったドービニー周辺の画家たちによる作品約20点を展示します。フランスのランス美術館を中心に、国内外各地の美術館・個人が所蔵する作品で構成される展覧会です。


●会期/4月20日(土)〜6月30日(日)
●会場/東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
●開館時間/10時から18時まで(ただし、6月25日(火)から6月30日(日)は19時まで)
※入館は閉館の30分前まで
●休館日/毎週月曜日 (ただし、4月29日、5月6日は開館、翌火曜日も開館)
●観覧料/一般1,300円、大学生900円、高校生以下無料
●主催/東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館、読売新聞東京本社
●協賛/損保ジャパン日本興亜
●後援/在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
●協力/エールフランス航空
●監修/ランス美術館
Exposition produite et geree par le Musee des Beaux-Arts de la VILLE DE REIMS.
●企画協力/ブレーントラスト
●問合せ/03(5777)8600(ハローダイヤル)
●アクセス/新宿駅西口より徒歩5分

◎ホームページhttps://www.sjnk-museum.org/

★こちらの観覧券を5組10名様にプレゼント!
★申込み締切 3/27(水)12:00まで
※当選者の発表は商品の発送をもってかえさせていただきます。


更新日:2019年3月6日(水)

シャルル=フランソワ・ドービニー展

入力例:foo@example.com

ログイン後に送信可能になります。ページ上部にある認証ボックスより認証をしてください。

会員登録はこちら web限定会員プレゼント 今月のladytokyo 朝日おでかけ ふるさといろは.com