コートールド美術館展 魅惑の印象派

コートールド美術館展 魅惑の印象派

エドゥアール・マネ《フォリー=ベルジェールのバー》1882年 油彩、カンヴァス 96×130cm
コートールド美術館 © Courtauld Gallery (The Samuel Courtauld Trust)


 ロンドンのコートールド美術館は、イギリスが世界に誇る印象派・ポスト印象派の殿堂です。マネ最晩年の傑作《フォリー=ベルジェールのバー》、ルノワールが第一回印象派展に出品した記念碑的作品《桟敷席》、セザンヌ《カード遊びをする人々》、ゴーガン《ネヴァーモア》など巨匠たちの代表作がずらりと並びます。それらが貸し出されることは滅多にありませんが、このたび美術館の改修工事のために多くの名作が来日することになりました。美術館の創設者サミュエル・コートールド(1876-1947)はイギリスの実業家で、卓越した審美眼を持つコレクターでもありました。フランス近代絵画の魅力を母国に伝えたいと、1920年代を中心に、精力的な収集を行います。1932年、ロンドン大学に美術研究所が創設されることが決まると、コレクションを寄贈。研究所はコートールド美術研究所と名付けられ、その展示施設としてコートールド美術館が誕生しました。本展では、その研究機関という側面にも注目し、美術史研究や科学的調査の成果を取り入れながら、作品を読み解いていきます。選りすぐりの絵画・彫刻約60点との豊かな対話を楽しんでください。


■会期/9月10日(火)〜12月15日(日)
■会場/東京都美術館 企画展示室
■時間/9時30分〜17時30分 ※金曜日は20時まで(入室は閉室の30分前まで)
■休室日/月曜日、9月17日(火)、9月24日(火)、10月15日(火)、11月5日(火)
※ただし、9月16日(月・祝)、9月23日(月・祝)、10月14日(月・祝)、11月4日(月・休)は開室
■観覧料/一般1,600円 大学生・専門学校生1,300円 高校生800円
65歳以上1,000円(中学生以下は無料)
■主催/東京都美術館(公益財団法人東京都歴史文化財団)、朝日新聞社、NHK、
NHKプロモーション
■後援/ブリティッシュ・カウンシル
■協賛/凸版印刷、三井物産、鹿島建設、ダイキン工業、大和ハウス工業、東レ
■問合せ/03(5777)8600(ハローダイヤル)
■所在地/〒110-0007 東京都台東区上野公園8-36
★9月18日(水)、10月16日(水)、11月20日(水)はシルバーデーにより65歳以上の方は無料。
そのため混雑が予想されます。

◎公式サイト https://courtauld.jp


★こちらの観覧券を5組10名様にプレゼント!
★申込み締切8/21(水)12:00まで
※当選者の発表は商品の発送をもってかえさせていただきます。


更新日:2019年8月7日(水)

コートールド美術館展
受付は終了しました。

ログイン後に送信可能になります。ページ上部にある認証ボックスより認証をしてください。

会員登録はこちら web限定会員プレゼント 今月のladytokyo 朝日おでかけ ふるさといろは.com