日本・オーストリア友好150周年記念 ハプスブルク展

600年にわたる帝国コレクションの歴史

日本・オーストリア友好150周年記念 ハプスブルク展

(左)ディエゴ・ベラスケス《青いドレスの王女マルガリータ・テレサ》1659年 油彩/カンヴァス
ウィーン美術史美術館 kunsthistorisches Museum,Wien
(右)マリー・ルイーズ・エリザベト・ヴィジェ=ルブラン《フランス王妃マリー・アントワネットの肖像》
1778年油彩/カンヴァス ウィーン美術史美術館 kunsthistorisches Museum,Wien


ウィーン、至宝の物語。

 広大な領地を支配下に収め、神聖ローマ帝国を代々世襲するなど、ヨーロッパの歴史の表舞台で常に脚光を浴びてきたハプスブルク家。同家の人々はまた、絵画や工芸品、武具などからなる豊かなコレクションを築いたことでも知られています。その主要部分は、現在ウィーン美術史美術館に所蔵されていますが、オーストリアと日本の国交樹立150周年を記念する本展では、同館の協力のもと、世界屈指と言われるハプスブルク家のコレクションをご紹介します。同家の個性豊かな人物たちを紹介しつつ、蒐集の歴史をたどり、コレクターごと、時代ごとにその個性や傾向を浮き彫りにしていくことが本展の特色です。

■会期/10月19日(土)〜2020年1月26日(日)
■会場/国立西洋美術館(東京・上野公園)
■所在地/〒110-0007 東京都台東区上野公園7-7
■交通/JR上野駅下車(公園口)徒歩1分 京成電鉄京成上野駅下車徒歩7分
東京メトロ銀座線・日比谷線上野駅下車徒歩8分
■時間/9:30〜17:30(金・土曜日は20:00まで。11月30日(土)は17:30まで)
※入館は閉館の30分前まで
■休館日/毎週月曜日(ただし11月4日、1月13日は開館)、11月5日(火)、
12月28日(土)〜1月1日(水・祝)、1月14日(火)
■観覧料金/一般1,700円、大学生1,100円、高校生700円、中学生以下無料
■主催/国立西洋美術館、ウィーン美術史美術館、TBS、朝日新聞社
■共催/日本経済新聞社
■後援/オーストリア大使館、オーストリア文化フォーラム、JAPAN AUSTRIA 1869-2019、
BS-TBS
■特別協賛/大和ハウス工業株式会社
■協賛/三井物産、みずほ銀行、大日本印刷
■特別協力/ぴあ、TBSラジオ
■協力/ANA、ルフトハンザカーゴ AG、西洋美術振興財団
■問合せ/03(5777)8600(ハローダイヤル)

◎展覧会公式サイト → https://habsburg2019.jp/

★こちらの観覧券を5組10名様にプレゼント!
★申込み締切9/18(水)12:00まで
※当選者の発表は商品の発送をもってかえさせていただきます。


更新日:2019年9月4日(水)

ハプスブルグ展
受付は終了しました。

ログイン後に送信可能になります。ページ上部にある認証ボックスより認証をしてください。

会員登録はこちら web限定会員プレゼント 今月のladytokyo 朝日おでかけ