【特集】特別展「ミイラ」 〜「永遠の命」を求めて

【特集】特別展「ミイラ」 〜「永遠の命」を求めて


 人工的に作られたミイラから、自然にミイラになったものまで、エジプト、ヨーロッパ、南米など世界各地のミイラが大集結!
 ミイラには多くの人々を惹きつける魅力がありますが、その根源には、「本来ならば存在していないはずのもの」に対する驚きがあります。本展覧会では、ミイラの文化的・学術的価値がわかるよう、世界各地のミイラとその背景にある文化を紹介します。

1106miira_b.jpg

【チャチャポヤのミイラ包み6体】 ミイラ、布 ペルー 先コロンブス期、チャチャポヤ=インカ文化
ペルー文化省・レイメバンバ博物館所蔵 ©義井豊 (上段左)
【中王国時代の子どものミイラ】ミイラ リネン エジプト 中王国時代、第11王朝末〜第12王朝初頭(紀元前2010年頃-前1975年頃)レーマー・ペリツェウス博物館所蔵 ROEMER- UND PELIZAEUS-MUSEUM HILDESHEIM(上段右)
【ウェーリンゲメン】ミイラ オランダ、ドレンテ州、ブールタング湿原 紀元前40年頃〜紀元後50年頃
ドレンテ博物館所蔵  Collection Drents Museum, Assen, The Netherlands.(中段左)
【中王国時代のミイラマスク】彩色された石膏 エジプト 中王国時代、第11王朝末〜第12王朝初頭(紀元前2010年頃-前1975年頃)レーマー・ペリツェウス博物館所蔵 ROEMER- UND PELIZAEUS-MUSEUM HILDESHEIM(中段中央)
【ペンジュの棺】木 エジプト 紀元前800年頃 第3中間期、第22王朝〜第23王朝 レーマー・ペリツェウス博物館所蔵 ROEMER- UND PELIZAEUS-MUSEUM HILDESHEIM(中段右)
【肖像頭蓋骨】頭蓋骨 パプアニューギニア 19世紀 レーマー・ペリツェウス博物館所蔵
ROEMER- UND PELIZAEUS-MUSEUM HILDESHEIM(下段)



■会期/11月2日(土)〜2020年2月24日(月・祝)
■会場/国立科学博物館(東京・上野公園)
■時間/9時〜17時(入館は閉館の30分前まで)
※金曜・土曜は20時まで 休館日/月曜日(月曜日が祝日の場合は火曜日)および
12月28日(土)〜1月1日(水・祝)ただし2月17日(月)は開館
※開館時間や休館日等は変更になる場合があります。
■観覧料/一般・大学生1,700円 小・中・高校生600円
■主催/国立科学博物館、TBS、日本経済新聞社
■共催/BS-TBS、凸版印刷、ローソンエンタテインメント
■後援/TBSラジオ
■問合せ/03(5777)8600(ハローダイヤル)

◎公式ホームページ→ https://www.tbs.co.jp/miira2019/

★こちらの観覧券を5組10名様にプレゼント!
★申込み締切11/20(水)12:00まで
※当選者の発表は商品の発送をもってかえさせていただきます。


更新日:2019年11月6日(水)

特別展「ミイラ」〜「永遠の命」を求めて

入力例:foo@example.com

ログイン後に送信可能になります。ページ上部にある認証ボックスより認証をしてください。

会員登録はこちら web限定会員プレゼント 今月のladytokyo 朝日おでかけ