【特集】日本書紀成立1300年 特別展「出雲と大和」

【特集】日本書紀成立1300年 特別展「出雲と大和」


 令和2年(2020)は、我が国最古の正史『日本書紀』が編纂された養老4年(720)から1300年という記念すべき年です。その冒頭に記された国譲り神話によると、出雲大社に鎮座するオオクニヌシは「幽」、すなわち人間の能力を超えた世界、いわば神々や祭祀の世界を司るとされています。一方で、天皇は大和の地において「顕」、すなわち目に見える現実世界、政治の世界を司るとされています。つまり、古代において出雲と大和はそれぞれ「幽」と「顕」を象徴する場所として、重要な役割を担っていたのです。
 令和2年は、日本が国内外から大いに注目される時でもあります。「幽」と「顕」を象徴する地、島根県と奈良県が東京国立博物館と共同で展覧会を開催し、出雲と大和の名品を一堂に集めて、古代日本の成立やその特質に迫ります。

1204izumo_y_c.jpg

重要文化財 日本書紀 巻第二(部分)南北朝時代・永和1〜3年(1375〜1377)後期展示(2/11〜3/8)愛知・熱田神宮蔵



1204izumo_y_b.jpg
(左)重要文化財 宇豆柱 島根県出雲市 出雲大社境内遺跡出土 鎌倉時代・宝治2年(1248)島根・出雲大社蔵
(中央)国宝 銅鐸 島根県雲南市 加茂岩倉遺跡出土 弥生時代・前2〜前1世紀 文化庁蔵(島根県立古代出雲歴史博物館保管)
(右上)勾玉 島根県出雲市 西谷3号墓出土 弥生時代・1〜3世紀 島根大学法文学部考古学研究室蔵(出雲弥生の森博物館保管)
(右下)画文帯神獣鏡 奈良県桜井市 ホケノ山古墳出土 古墳時代・3世紀 奈良県立橿原考古学研究所蔵

■会期/2020年1月15日(水)〜3月8日(日)
前期展示:1月15日(水)〜2月9日(日)
後期展示:2月11日(火・祝)〜3月8日(日)
■会場/東京国立博物館 平成館(上野公園)
■所在地/〒110-8712 東京都台東区上野公園13-9
■交通/JR上野駅公園口より徒歩10分
■時間/9時30分〜17時(入館は閉館の30分前まで)
※ただし、会期中の金曜・土曜は21時まで開館
■休館日/月曜日、2月25日(火)※ただし2月24日(月・祝)は開館
■観覧料金/一般1,600円、大学生1,200円、高校生900円、中学生以下無料
■主催/東京国立博物館、島根県、奈良県、NHK、NHKプロモーション、読売新聞社
■後援/文化庁
■問合せ/03(5777)8600(ハローダイヤル)

◎展覧会公式サイトhttps://izumo-yamato2020.jp/

★こちらの観覧券を5組10名様にプレゼント!
★申込み締切12/18(水)12:00まで
※当選者の発表は商品の発送をもってかえさせていただきます。


更新日:2019年12月4日(水)

特別展「出雲と大和」

入力例:foo@example.com

ログイン後に送信可能になります。ページ上部にある認証ボックスより認証をしてください。

会員登録はこちら web限定会員プレゼント 今月のladytokyo 朝日おでかけ