柏木京子のココロが喜ぶおうちご飯

柏木京子のココロが喜ぶおうちご飯



● VOL.01 ● お出汁香る「かき玉汁」


0108kokoro_a.jpg

 「ただいま」と帰ったら、温かいご飯が用意されている! 現実はこんなことはなく、帰って急いでご飯の支度の毎日。簡単にできて美味しい、心も体もほっとするご飯には、汁物がお勧めです。汁物にはお出汁が欠かせません。かつお節でとるお出汁と、出汁パックとの最大の違いは香り。お出汁の香りは心のトゲをまあるくしてくれます。副交感神経を高め、不安を緩和、リラックス、癒し効果が期待できます。さらに、栄養満点、美肌効果、脳細胞を活性化し、免疫力を高めます。かきたま汁で1日の疲れを取り、明日に向かいましょう。でも、かつお節でお出汁はちょっと・・という場合はいつものお出汁で大丈夫です。ぜひ作ってみてくださいね。

0108kokoro_b.jpg


■1.出汁をとる

【材料】(2人分) 水..................500ml かつお節...............15g(水の重さの3%)

<作り方>
1. 鍋に水を入れ、火にかける。
2. 沸騰の少し前、鍋底に小さな泡がつき、上がってくるようになる。大きな泡が出始めたら火を止め、かつお節を全体に広げるように入れる。

0108kokoro_c.jpg


3.
そのまま1分半〜2分待つ。(混ぜない)
4. ボウルにザル、キッチンペーパーを重ね、出汁を濾す。

0108kokoro_d.jpg
*ぎゅうぎゅう絞らないように(苦味、渋みなどが出ないようにするため)。
*乾物の量は、水の3%が黄金比率。
*鰹節に良い温度は80〜90℃。沸騰している状態は温度が高すぎて、苦味などが出てしまう。



■2.かき玉汁を作る 

【材料】(2人分)出汁...........................400ml  塩...........................小さじ1/3
醤油........................小さじ1/2 水溶き片栗粉.....................片栗粉小さじ1+水小さじ2
卵...........................1個   三つ葉..................... 適宜(2cmに切る)

<作り方>
1. 出汁を鍋に入れ火にかける。塩、醤油で味付けをする。
2. 水溶き片栗粉を加え、全体を混ぜながら沸騰させる。

0108kokoro_e.jpg
3. 溶きほぐした卵を、箸につたわせながら細く流し入れる。この時水面がフツフツしているくらいの火加減にする。
4. 器に盛り、三つ葉をちらす。

0108kokoro_f.jpg



■3.だしがらふりかけをつくる

【材料】だしがら(今回出たもの) 醤油..................大さじ1 みりん...............大さじ1 
砂糖..................小さじ1
<作り方>
1. だしがらをギュッと絞り、フライパンで乾煎りする。
2. 醤油、みりん、砂糖を一気に加え、一気に絡める。

0108kokoro_g.jpg

 ■  P R O F I L E  ■ 

kokoro_pro.jpg自宅料理教室「チアフルキッチン」主宰
にんべん だしアンバサダー
柏木京子(かしわぎ きょうこ)

出産時に生死の境をさまよった経験から「食の大切さ」を実感、自宅などで料理教室を始める。夫がアメリカ西海岸に転勤になった2011年からSkypeによるオンライン料理教室を開始。帰国後は「いまさら聞けない料理の基礎」など主婦の悩みに応えるテーマのレッスンを次々企画、人気を博す。オンライン教室はのべ1,000人以上が参加。自宅での料理教室もリピーターが多い。

更新日:2020年1月8日(水)

会員登録はこちら web限定会員プレゼント 今月のladytokyo 媒体資料 朝日おでかけ