古典×現代2020―時空を超える日本のアート

古典×現代2020―時空を超える日本のアート


 美術、写真、デザイン、建築などの第一線で活躍している現代作家の作品と、日本のいにしえの名品を組み合わせて展示する展覧会です。円空、乾山、蕭白、仙厓、北斎といった江戸時代の巨匠たちの作品や、花鳥画、刀剣、仏像の名品とともに、川内倫子、鴻池朋子、しりあがり寿、菅木志雄、棚田康司、田根剛、皆川明、横尾忠則という、現代日本を代表する作家たちの創作をご紹介します。これにより、古今の創造的営みに潜む、造形的、精神的な類似や親和性を明らかにします。

■会期/3月11日(水)〜6月1日(月)
■会場/国立新美術館 企画展示室2E (〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2)
■時間/10時〜18時 ※入場は閉館の30分前まで
※毎週金・土曜日は20時、5月30日(土)は「六本木アートナイト2020」開催にともない22時まで
■休館日/毎週火曜日 ※ただし、5月5日(火・祝)は開館、5月7日(木)は休館
■観覧料/一般1,700円、大学生1,100円、高校生700円
■主催/国立新美術館、國華社、朝日新聞社、文化庁、独立行政法人日本芸術文化振興会
■協賛/大日本印刷、UACJ
■問合せ/03(5777)8600(ハローダイヤル)

◎展覧会ホームページhttps://kotengendai.exhibit.jp

★こちらの観覧券を5組10名様にプレゼント!
★申込み締切2/19(水)12:00まで
※当選者の発表は商品の発送をもってかえさせていただきます。


更新日:2020年2月5日(水)

古典×現代2020―時空を超える日本のアート
受付は終了しました。

ログイン後に送信可能になります。ページ上部にある認証ボックスより認証をしてください。

会員登録はこちら web限定会員プレゼント 今月のladytokyo 媒体資料 朝日おでかけ