【特集】特別展「きもの KIMONO」

【特集】特別展「きもの KIMONO」


 日本の美意識を色と模様に表した「きもの」。その原型である小袖は、室町時代後期より、染や刺繍、金銀の摺箔などで模様を表し、表着として花開きました。美しく彩られたきものが着用され始めた江戸時代、町を行き交う人々がファッショニスタでした。明治・大正時代には、型友禅や銘仙など近代的な技術を駆使したきものが流行。戦後、きものはモードの一戦を離れ、現代アートを志向するデザインが登場しました。きものは、現代に至るまで多様に展開しながら成長し続ける日本独自の美の世界を体現しています。
 本展では、信長・秀吉・家康・篤姫など歴史上の著名人が着用したきものや、尾形光琳直筆の小袖に加え、「観楓図屏風」「婦女遊楽図屏風(松浦屏風)」など、きものが描かれた国宝の絵画作品、さらに現代デザイナーによるきものなど200件以上の作品を一堂に展示します。800年以上を生き抜き、今なお新たなファッション・シーンを繰り広げる「きもの」を、現代を生きる日本文化の象徴として展覧し、その過去・現在・未来を見つめる機会とします。質・量ともに世界最大のきものコレクションを有する東京国立博物館で開催する、かつてない規模のきもの展です。

0304kimono_b.jpg

見返り美人図 菱川師宣筆 江戸時代・17世紀 東京国立博物館蔵


0304kimono_c.jpg

陣羽織 黒鳥毛揚羽蝶模様 織田信長所用 安土桃山時代・16世紀 東京国立博物館蔵(左) 
重要文化財 振袖 白縮緬地衝立梅樹鷹模様 江戸時代・18世紀 東京国立博物館蔵(右)


0304kimono_d.jpg

TAROきもの 岡本太郎原案 昭和49年頃(1974頃) 東京・岡本太郎記念館蔵 撮影:堤 勝雄(左)
振袖 淡紅綸子地宮殿模様 昭和時代・20世紀 千葉・国立歴史民俗博物館蔵(右)



■会期/4月14日(火)〜6月7日(日)
前期展示:4月14日(火)〜5月10日(日) 後期展示:5月12日(火)〜6月7日(日)
■会場/東京国立博物館 平成館(上野公園)
■所在地/〒110-8712 東京都台東区上野公園13-9
■交通/JR上野駅公園口・鶯谷駅南口より徒歩10分 東京メトロ銀座線・日比谷線上野駅、東京メトロ千代田線根津駅、京成電鉄京成上野駅より徒歩15分
■時間/9時30分〜17時(入館は閉館の30分前まで)
※ただし、会期中の金曜・土曜は21時まで開館
■休館日/月曜日 ※ただし5月4日、(月・祝)は開館
■観覧料金/一般1,700円、大学生1,200円、高校生900円、中学生以下無料
■主催/東京国立博物館、朝日新聞社、テレビ朝日、文化庁、日本芸術文化振興会
■協賛/タカラレーベン、竹中工務店、凸版印刷、トヨタ自動車
■問合せ/03(5777)8600(ハローダイヤル)

◎展覧会公式サイト→ https://kimonoten2020.exhibit.jp/


★こちらの観覧券を5組10名様にプレゼント!

★申込み締切3/18(水)12:00まで
※当選者の発表は商品の発送をもってかえさせていただきます。


更新日:2020年3月4日(水)

特別展「きもの KIMONO」

入力例:foo@example.com

ログイン後に送信可能になります。ページ上部にある認証ボックスより認証をしてください。

会員登録はこちら web限定会員プレゼント 今月のladytokyo 媒体資料 朝日おでかけ