【特集】The UKIYOE 2020 ー 日本三大浮世絵コレクション

【特集】The UKIYOE 2020 ー 日本三大浮世絵コレクション

葛飾北斎「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」 横大判錦絵 天保元〜4年(1830〜33)頃 
太田記念美術館 展示期間:前期(7月23日[木・祝]〜8月16日[日]) ※後期も他館所蔵の同作品が展示されます


 浮世絵は、江戸時代の庶民たちに愛好された、日本を代表する芸術の一ジャンルです。その人気は海を渡り、印象派の画家をはじめとする欧米のアーティストたちに大きな影響を与え、ジャポニスム旋風を巻き起こしたことでよく知られています。また葛飾北斎の「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」は、世界で最も有名な日本の作品 "The Great Wave" として多くの人々に愛されています。
 本展覧会では、日本が世界に誇る浮世絵の魅力を存分に紹介するため、質、量ともに日本の三大浮世絵コレクションと言っても過言ではない太田記念美術館、日本浮世絵博物館、平木浮世絵財団の名品をはじめて結集し、選りすぐった約450点の浮世絵版画を展示します。 浮世絵版画の名品は海外に流出してしまった!という認識をお持ちの方も多いかもしれませんが、実は日本国内に、世界最高水準の浮世絵コレクションがあるのです。浮世絵の初期から幕末まで、代表的な浮世絵師たちによる名品の数々をお楽しみください。

展覧会の見どころ

■01. 日本国内の三大浮世絵コレクションから選りすぐりの名品が一堂に
太田記念美術館(東京・原宿)、日本浮世絵博物館(長野・松本)、平木浮世絵財団の日本三大浮世絵コレクションが一堂に展観されるのは史上初。各コレクションからそれぞれ約150点、保存状態も抜群の名品があわせて約450点も展示されるのは空前絶後のことです(展示替えがあります)。

0603ukiyoe_a2.jpg

(左)東洲斎写楽「三代目大谷鬼次の江戸兵衛」大判錦絵 寛政6年(1794)5月 日本浮世絵博物館
展示期間:後期(8月18日[火]〜9月13日[日])
(右)葛飾北斎「冨嶽三十六景 凱風快晴」横大判錦絵 天保元〜4年(1830〜33)頃 平木浮世絵財団
展示期間:前期(7月23日[木・祝]〜8月16日[日]) ※後期も他館所蔵の同作品が展示されます


■02. 浮世絵の歴史を展観する約60名の絵師の代表作を一挙紹介
浮世絵の祖・菱川師宣から、鈴木春信、鳥居清長、喜多川歌麿、東洲斎写楽、葛飾北斎、歌川豊国、歌川広重、歌川国芳まで、浮世絵の歴史を網羅する総勢約60名の絵師たちの代表作を紹介します。

0603ukiyoe_c3.jpg

(左)喜多川歌麿「青楼仁和嘉女芸者部 たま村屋おひで 富本豊志名」 大判錦絵 天明3年(1783) 日本浮世絵博物館
展示期間:後期(8月18日[火]〜9月13日[日])
(中央)石川豊信「花下美人」 重要文化財 大々判漆絵 延享期(1744〜48)頃 平木浮世絵財団
展示期間:7月23日[木・祝]〜8月10日[月・祝]
(右上)歌川国芳「人をばかにした人だ」 大判錦絵 弘化4年(1847)頃 日本浮世絵博物館
展示期間:後期(8月18日[火]〜9月13日[日])
(右下)勝川春章「車引 二代目市川八百蔵の桜丸 二代目中島三甫右衛門の藤原時平 三代目市川海老蔵の松王丸 九代目市村羽左衛門の梅王丸」 細判錦絵三枚続 安永5年(1776) 日本浮世絵博物館
展示期間:前期(7月23日[木・祝]〜8月16日[日])

■03. 重要文化財・重要美術品を100点以上展示
平木浮世絵財団が所蔵する貴重な作品の中から、重要文化財3点・重要美術品115点を展示します。

0603ukiyoe_b.jpg

(左)歌川国政「市川鰕蔵の暫」 重要美術品 大判錦絵 寛政8年(1796)平木浮世絵財団
展示期間:前期(7月23日[木・祝]〜8月16日[日])
(右)歌川国芳「東都御厩川岸之図」 重要美術品 横大判錦絵 天保2〜3年(1831~32)頃 平木浮世絵財団
展示期間:前期(7月23日[木・祝]〜8月16日[日])


■04. 日本三大浮世絵コレクション秘蔵の逸品が目白押し
史上初の3点同時出品となる鈴木春重(後の司馬江漢)、「雪月花」(3点のうち1点は重要美術品、日本浮世絵博物館、平木浮世絵財団)のほか、世界で唯一の現存といわれる東洲斎写楽「曾我五郎と御所五郎丸」(重要美術品、平木浮世絵財団)や、非常に珍しい歌川国芳「蛸の入道五拾三次」(日本浮世絵博物館)など、3館のコレクションの中でも特に素晴らしい逸品が惜しみなく出品されます。


■05. 葛飾北斎の冨嶽三十六景、歌川広重の東海道五拾三次の超有名作品を通期で展示
冨嶽三十六景の三役「神奈川沖浪裏」「凱風快晴」「山下白雨」、東海道五拾三次の「庄野 白雨」「蒲原 夜之雪」は3館の所蔵品を入れ替えながら常時展示します。

《太田記念美術館》
東邦生命保険相互会社会長を務めた、五代・太田清藏氏が収集した1万点以上のコレクションを基礎とする美術館。都心では数少ない浮世絵専門の美術館として2020年1月に開館40周年を迎えた。浮世絵の始まりから終焉まで、その歴史を網羅的に辿れるような作品を収めるコレクションは、版画と肉筆画のいずれにおいても優品が多い。

日本浮世絵博物館
信州松本で紙問屋などを営んだ豪商の酒井家が江戸時代から200年もの間、何代にもわたって収集した浮世絵は10万点もの膨大なコレクションになっている。昭和57年(1982)、十代目・藤吉氏が酒井家ゆかりの地、長野県松本市に日本浮世絵博物館を開館し、その圧倒的な数を誇るコレクションの一部を公開している。

平木浮世絵財団
リッカーミシン創業者・平木信二氏による約6,000点のコレクションを所有する。戦後の混乱期に海外流出の危機に瀕した国内有数のコレクションを買い取り、昭和47年(1972)に日本初の浮世絵専門美術館「リッカー美術館」を開館。現在は閉館しているが、重要文化財11点、重要美術品238点を含むコレクションの質の高さは国内外に知られている。

■会期/7月23日(木・祝)〜9月13日(日)
■会場/東京都美術館 企画展示室
■開室時間/9時30分〜17時30分(入室は閉室の30分前まで)
※金曜日、土曜日は9時30分〜21時(入室は閉室の30分前まで)
■休室日/8月17日(月)、24日(月)、9月7日(月)
■主催/公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都美術館、太田記念美術館、日本浮世絵博物館、平木浮世絵財団、日本経済新聞社、BSテレビ東京、テレビ東京
■協力/小学館、東海旅客鉄道
■観覧料/一般 1,600円 、 大学生・専門学校生 1,300円、 高校生 800円、 65歳以上 1,000円
■問合せ/03(5777)8600(ハローダイヤル)
■住所/東京都台東区上野公園8-36
■交通/JR上野駅「公園口」より徒歩7分 東京メトロ銀座線・日比谷線上野駅「7番出口」より徒歩10分 京成電鉄京成上野駅より徒歩10分

◎公式サイト→ https://ukiyoe2020.exhn.jp

★こちらの観覧券を5組10名様にプレゼント!
★申込み締切 6/26(金)12:00まで
※当選者の発表は商品の発送をもってかえさせていただきます。

更新日:2020年6月3日(木)

The UKIYOE 2020 ー 日本三大浮世絵コレクション
受付は終了しました。

ログイン後に送信可能になります。ページ上部にある認証ボックスより認証をしてください。

会員登録はこちら web限定会員プレゼント 今月のladytokyo 媒体資料 朝日おでかけ