令和2年度夏季展 財団設立70周年記念
翁 −大名細川家の能の世界−

令和2年度夏季展 財団設立70周年記念<br />翁 −大名細川家の能の世界−

縹地蜀江様袷狩衣はなだじしょっこうもようあわせかりぎぬ」江戸時代(18世紀後半〜19世紀前半)、永青文庫蔵、通期展示


 細川家は、南北朝時代に遡る700年の歴史を有し、江戸時代には肥後熊本54万石を治めた大名です。そして、細川家に伝えられた国宝・重要文化財を含む9万点以上の文化財を所蔵しているのが永青文庫(東京都文 京区)です。永青文庫は今年、財団設立70周年を迎え、それを記念して「翁 ―大名細川家の能の世界―」を2020年7月23日(木)〜8月30日(日)に開催いたします。
 室町時代に観阿弥・世阿弥父子が大成した能は、日本の代表的な古典芸能として海外でも高い評価をうけています。細川家では初代・細川幽斎(藤孝)を始め、歴代の藩主が能の文化に心を寄せ、藩主たちも自ら舞台に上がりました。そのため、細川家の拠点となった熊本や東京には、能面・能装束・楽器や小道具なDO約900点の能楽コレクションが伝来しています。
 この能の原点ともいわれる演目「翁」は、翁面をかけることで演者は神になり、その舞によって世の安泰を祈願する特別な演目です。本展では「翁」を起点として、能に流れ込む祈りと信仰、それらを背負った様々な神の存在や意味を、細川家伝来の能面や能装束を通して探求します。併せて細川家と能の密接な関係を示す貴重な歴史資料も展覧します。本展は、日本博「主催・共催型プロジェクト」のうち「翁プロジェクト ―能楽の原点から日本を探る」の一環として開催されます。本展を通して、日本の多彩な能・翁・神の世界をぜひご鑑賞ください。


【開催概要】
■期間/2020年7月23日(木・祝)〜8月30日(日)
※会期中、一部展示替えがあります。
前期 7月23日(木・祝)〜8月10日(月・祝)、後期 8月12日(水)〜8月30日(日)
■場所/永青文庫(東京都文京区目白台 1-1-1)
■開館時間/10時〜16時30分 (入館は16時まで)
■休館日/月曜日(但し8/10は開館し、8/11は休館)
■入館料/一般1,000円、シニア(70 歳以上)800円、大学・高校生500円
※中学生以下、障害者手帳をご提示の方及びその介助者(1名)は無料。
[主催]翁プロジェクト実行委員会、文化庁、独立行政法人日本芸術文化振興会
[特別協力]熊本県立美術館
※マスク着用の上、ご来館ください。当館の新型コロナウイルス感染拡大予防については、ホームページをご覧ください。

◎ホームページ→ http://www.eiseibunko.com/exhibition.html


★こちらの入館招待券を5組10名様にプレゼント!

★申込み締切 7/20(月)12:00まで
※当選者の発表は商品の発送をもってかえさせていただきます。

更新日:2020年7月9日(木)

翁 −大名細川家の能の世界−
受付は終了しました。

ログイン後に送信可能になります。ページ上部にある認証ボックスより認証をしてください。

会員登録はこちら web限定会員プレゼント 今月のladytokyo 媒体資料 朝日おでかけ