特別展 タイ〜仏の国の輝き〜

日タイ修好130周年記念特別展

特別展 タイ〜仏の国の輝き〜


 タイは国民の95%が仏教を篤く信仰する仏教国。仏教は人々の日々の暮らしに寄り添い、長い歴史の中で多様な仏教文化が花開きました。重厚で独特な趣を宿した古代彫刻群、やわらかな微笑みをたたえる優美な仏像たち、仏塔に納められた眩いばかりの黄金の品々、仏教の宇宙観にもとづき荘厳された仏堂の輝き...。本展覧会は、タイ王国門外不出の名宝と、選りすぐりの仏教美術の数々を一堂に集め、仏教がタイの文化形成に果たした役割を紐解きます。
 日タイ修好130周年の節目に、両国が協力し総力を結集して開催する展覧会。この夏どうぞお見逃しなく!

■会期/2017年7月4日(火)〜8月27日(日)
■会場/東京国立博物館 平成館
(JR「上野駅」公園口、または「鶯谷駅」南口下車 徒歩10分)
■開館時間/9時30分〜17時
※金曜・土曜は21時まで、日曜日と7月17日(月・祝)は18時まで
※入館は閉館の30分前まで
■休館日/月曜日
(ただし、7月17日(月・祝)・8月14日(月)は開館、7月18日(火)は閉館)
■観覧料金/当日一般1,600円、大学生1,200円、高校生900円
〈展覧会情報サイト〉
http://www.nikkei-events.jp/art/thailand/


更新日:2017年7月5日(水)

ログイン後に送信可能になります。ページ上部にある認証ボックスより認証をしてください。

会員登録はこちら web限定会員プレゼント 今月のladytokyo 媒体資料 朝日おでかけ