シネマ歌舞伎 喜撰/棒しばり(きせん/ぼうしばり)

華やぎと笑い溢れる、豪華2本立て!

シネマ歌舞伎 喜撰/棒しばり(きせん/ぼうしばり)


 歌舞伎の舞台公演をスクリーンで上映する「シネマ歌舞伎」。8月12日(土)〜18日(金)は『喜撰/棒しばり』を上映します! 『棒しばり』は軽やかで可笑しみ溢れる人気舞踊。初演時、六世・尾上菊五郎と七世・坂東三津五郎が大当りをとった演目を、それぞれの孫・曾孫にあたる勘三郎と三津五郎が勤めました。惜しまれつつ逝去した2人の芸は必見です。
 もう1つの演目は、粋で華やかな変化舞踊の代表的作品『喜撰』。七世坂東三津五郎の当たり役で、祖父、父、そして三津五郎自身も襲名公演で踊った家の芸です。豪華2本立てのシネマ歌舞伎を、どうぞお楽しみに。
※「棒しばり」は、アナログ作品をHD化して上映します

■上映期間/2017年8月12日(土)〜18日(金)
■上映時間/77分 ※上演劇場など詳細はHPで確認を!
作品紹介ページ
http://www.shochiku.co.jp/cinemakabuki/lineup/30

更新日:2017年7月5日(水)

ログイン後に送信可能になります。ページ上部にある認証ボックスより認証をしてください。

会員登録はこちら web限定会員プレゼント 今月のladytokyo 媒体資料 朝日おでかけ