分離派建築会 100年展 建築は芸術か?

分離派建築会 100年展 建築は芸術か?

堀口捨己 1928(昭和3)年 『紫烟荘図集』(洪洋社)所収、東京都市大学図書館


 大正時代、日本の建築界に鮮烈なインパクトをもって現れた新星たちがいました。日本で最初の建築運動とされる分離派建築会です。明治以降に日本に移入された西洋の様式建築の学習は、明治末期にはほぼ達成され、最新の建設技術にふさわしい新しい建築のあり方が模索されていました。
 そうしたなか、1920年(大正9)年、東京帝国大学(現・東京大学)建築学科の卒業をひかえた同期6名、石本喜久治、瀧澤眞弓、堀口捨己、森田慶一、矢田茂、山田守は分離派建築会を結成します。彼らは「過去の建築圏からの分離」を宣言し、学内の第二学生控所で習作展を、続いて白木屋で第一回作品展を開きます。その革新的な内容は同世代の建築家や学生たちの注目を集めました。さらに大内秀一郎、蔵田周忠、山口文象が加わり、1928(昭和3)年の第七回まで作品展を重ね、出版活動を展開していきます。そして1922(大正11)年に東京・上野公園を会場に開催された平和記念東京博覧会での展示館の設計からはじまり、次第に住宅、公共的建築、商業建築などの実作を通し、彼らの考える建築の芸術を世に問います。
 結成から100年目の2020年。本展は、図面、模型、写真、映像、さらには関連する美術作品計160点によって、変革の時代を鮮やかに駆け抜けた彼らの軌跡を振り返ります。分離派建築会が希求した建築の芸術とは何か。日本近代建築の歩みのなかで果たした彼らの役割を、新たな光のもとに明らかにしていきます。

【開催概要】
■会期/2020年10月10日(土)〜2020年12月15日(火) ※会期中、一部展示替えします。
前期10月10日〜11月10日、後期11月12日〜12月15日。11月12日以降に再入場の際は、前期半券提示で100円割引となります。
■時間/10時〜18時(最終入場時間 17時30分)
■会場/パナソニック汐留美術館
■休館日/水曜日
■住所/東京都港区東新橋1-5-1 パナソニック東京汐留ビル4階
■観覧料/一般 800円、65歳以上 700円 、大学生:600円、中・高校生 400円、 小学生以下 無料
※障がい者手帳を提示の方、および付添者1名まで無料で入館できます
■問合せ/050(5541)8600

◎公式HP→ https://panasonic.co.jp/ls/museum/exhibition/20/201010/


★こちらの入館券を5組10名様にプレゼント!
★申込み締切 10/23(金)12:00まで
※当選者の発表は招待券の発送をもってかえさせていただきます。


更新日:2020年10月7日(月)

分離派建築会 100年展
受付は終了しました。

ログイン後に送信可能になります。ページ上部にある認証ボックスより認証をしてください。

会員登録はこちら web限定会員プレゼント 今月のladytokyo 媒体資料 朝日おでかけ