JA江刺

JA江刺 江刺金札米100周年記念

JA江刺


循環型農業で作られる美味しいお米「特別栽培米 ひとめぼれ」

 岩手県江刺地方は、大河北上川が潤す肥沃な大地と清流の恵みを活かし、有機質の完熟堆肥の投入と農薬を削減した栽培で自然に優しい米づくりを行なっています。かつて「アヒルも食べぬ」と言われた江刺のお米。良味米であった「奥羽132号」を大正10年に導入、大正14年に東京深川市場に江刺米の試食用見本米を送付すると、最高の格付相場を獲得、江刺郡農会の赤札を付けた「江刺赤札米」は一躍有名になり、昭和5年からは金札米としての流通が始まりました。
 今回、江刺金札米100周年を迎えるにあたり、環境に配慮したバイオマス30%使用の業務用米袋を導入。また、多くの人にその美味しさを知ってもらうため、3月25日(木)まで送料無料に。この機会にぜひ江刺のお米「金札米」を味わってみてください。

0303esashi_b.jpg(左)手間のかかる昔ながらの「天日干し」が美味しいお米を作ります
(右)刈り取られたお米は、カントリーエレベーターで籾のまま保管し、出荷直前に精米することで新鮮な状態でお届け


0303esashi_c.jpg農業のプロが目利きし、高品質の江刺産商品だけを取り扱う「SUN market Esashi」。江刺米は、「冬眠密着包装」で精米したての味と香りをそのままパッケージ。長期にわたって精米の風味を保つため、災害時の備蓄やアウトドアの携帯用にも。

【全国一律送料無料】3月5日(金)〜25日(木)
問合せ・注文は電話・オンラインショップで。この他の商品も多数 取り揃えています。
※詳細はホームページで https://sun-m.shop
●問合せ/TEL.0120(8989)48

※写真はすべてイメージ

JA江刺 江刺金札米販売センター
〒023-1101 岩手県奥州市江刺岩谷堂字上苗代沢408-108
0120(8989)48 
https://www.jaesashi.or.jp
会員登録はこちら web限定会員プレゼント 今月のladytokyo 媒体資料 朝日おでかけ