箱根ガラスの森美術館

開館25周年特別企画
〜炎と技の芸術〜ヴェネチアン・グラス至宝展

箱根ガラスの森美術館


 ルネサンス期にヨーロッパのガラスを席巻した繊細優美なヴェネチアン・グラス。多様な様式と技法を生み出し、現代のガラス界にも多大な影響を及ぼし続けています。
 これまで箱根ガラスの森美術館では、様々な切り口からヴェネチアン・グラスの展覧会を開催して参りました。この度、過去に行った展覧会の中で、皆様の記憶に残るテーマと名品を厳選してご紹介するとともに、ヴェネチアン・グラスから影響を受け、新たな作品を生み出している日本とイタリアの現代作家の作品も併せ、合計約80点を展示いたします。

0407hakone_a.jpg
■ヴェネチアン・グラスの源流
 ヴェネチアン・グラスの源流は約2000年前の古代ローマ帝国時代と言われています。その頃既に、現在のヴェネチアン・グラスに見られる多彩なモザイク・グラスや、吹きガラスの器、ガラス製の装身具が誕生していました。2000年の時の経過で風化し、虹色に輝く姿に変貌した古代のローマン・グラスは、自然と人の技が織りなす芸術です。古代のガラス製法はその後一部失われながらも、約1000年後の水の都ヴェネチアに受け継がれ華麗に発展を遂げる事になります。

0407hakone_b.jpg

長頸瓶 1世紀 東地中海岸域 ※新規収蔵作品



■ヴェネチアン・グラスの隆盛
 ヴェネチア共和国は、1291年からガラス職人とその家族をムラーノ島に移住させ、技術の流出を防ぐ強固な保護策を図り、15世紀にはヨーロッパのガラス産業を独占するに至ります。軽やかなヴェネチアン・グラスはヨーロッパ中の王候貴族の羨望の的となり、各家の紋章を入れたガラス器が盛んに制作され、祝宴の席で用いられるようになりました。中でもヴェネチアン・レースなどから着想を得たとされる繊細優美なレース・グラスは、ヴェネチアン・グラスの代名詞とされました。

0407hakone_c.jpg

レース・グラス・ワイングラス 17世紀 ヴェネチアまたはファソン・ド・ヴェニス


■ヴェネチアン・グラスの復活
 17世紀の他国のガラス産業の隆盛や、ナポレオンの侵攻によるヴェネチア共和国の崩壊(1797年)により、ヴェネチアン・グラスは衰退の危機に瀕します。そのような激動の時代、過去のガラス技法を研究し、黄金時代のヴェネチアン・グラスを復活させる職人たちが現れます。中でもジュゼッペ・バロヴィエール(1853〜1942)は、過去の名品の再現に留まらない、「風にそよぐグラス」に代表される超絶技巧の作品制作に成功しました。新たな作品を生み出そうと挑戦する彼らの情熱は、以降、エジディオ・コスタンティーニ(1912〜2007)に引き継がれます。彼の活躍によって、芸術家とガラス職人の競演によるガラス彫刻が生み出されました。

0407hakone_d.jpg

風にそよぐグラス 1895年 ヴェネチア 制作:ジュゼッペ・バロヴィエール


■ヴェネチアン・グラスの新たな可能性
 本展覧会では、ヴェネチアン・グラスの名品に込められた往時の職人たちの情熱と彼らの技術を受け継ぎ、新たな作品へ挑戦を続ける作家たち、特に既にヴェネチアでは途絶えてしまったヴェネチアン・ビーズ・フラワーの製法を今に伝える下永瀬 美奈子、ヴェネチアの伝統技法と和の心を融合させた作品を生み出す小西潮、江波冨士子。そして、ヴェネチアンビーズを独特の感性によって、斬新なコスチューム・ジュエリーに仕上げるパオラ・パスクァリンの4人のアーティストに焦点を当て、ヴェネチアン・グラスの新たな可能性に迫ります。


開館25周年特別企画 〜炎と技の芸術〜ヴェネチアン・グラス至宝展
■会期/4月24日(土)〜11月28日(日)
■時間/10時〜17時30分(入館は閉館の30分前まで・会期中無休)
■会場/箱根ガラスの森美術館
■主催/箱根ガラスの森美術館、毎日新聞社
■後援/イタリア大使館、イタリア文化会館、箱根町
■協力/箱根DMO(一般財団法人 箱根町観光協会)、小田急グループ
■入館料/一般1,800円、高大生1,300円、小中生600円

◎公式サイト→ https://www.hakone-garasunomori.jp/

★こちらの入館招待券を10組20名様にプレゼント!

★申込み締切 4/16(金)12:00まで
※当選者の発表は商品の発送をもってかえさせていただきます。

更新日:2021年4月7日(水)

箱根 ガラスの森美術館

入力例:foo@example.com

ログイン後に送信可能になります。ページ上部にある認証ボックスより認証をしてください。

会員登録はこちら web限定会員プレゼント 今月のladytokyo 媒体資料 朝日おでかけ