【特集】生誕260年記念企画 特別展「北斎づくし」

【特集】生誕260年記念企画 特別展「北斎づくし」


 20歳で浮世絵師としてデビューしてから90歳で没するまでの70年間、常に挑戦を続けて森羅万象を描き抜こうとした画狂の絵師・葛飾北斎(1760-1849)。その生誕260年を記念し、代表作である『北斎漫画』、「冨嶽三十六景」、『富嶽百景』の全頁(ページ)・全点・全図が一堂に会する前代未聞の特別展です。
 今回の展示では、北斎をリスペクトする豪華メンバーが集結。世界一の北斎漫画コレクターである浦上満氏の全面協力により、『北斎漫画(初編〜15編)』全883頁、「冨嶽三十六景」全46点、『富嶽百景(初編〜3編)』全102図を通期で展示するという前代未聞の試みに挑戦。さらに、2014年にグランパレ(仏・パリ)の「北斎展」会場デザインを手掛け、国際的な注目を集める建築家の田根剛氏、『北斎漫画』(青幻舎、2011年)の装丁も手掛けた鬼才アートディレクター・ブックデザイナーの祖父江慎氏らが展示空間を構築。その空間に『BRUTUS』の日本美術特集など、日本美術を主な領域とするライター・エディターの橋本麻里氏による編集、高精度な文化財デジタルアーカイブを得意とする凸版印刷の表現技術が加わり、世界で最も有名な日本の絵師・北斎が持つ過剰なほど多彩な側面のすべてと出会える、「北斎づくし」の空間にご期待ください。

特別展「北斎づくし」のみどころ

《北斎漫画》《冨嶽三十六景》《富嶽百景》全頁・全点・全図コンプリート!

 
 世界一の北斎漫画コレクター・浦上満氏(浦上蒼穹堂)の全面協力により、世界最高水準の質と量を誇る『北斎漫画』『冨嶽百景』コレクションを展示。特に『北斎漫画』は、全頁を同時に展示するために約500冊の『北斎漫画』が一挙集結! まるで「北斎漫画の森」ともいえる空間が展示室に現れます。さらに、山口県立萩美術館・浦上記念館が所蔵する「チコチンコレクション(※1)」、「浦上コレクション(※2)」を含む、「冨嶽三十六景」全46点を通期で展示し、北斎の画業を代表する3作品の全頁・全点・全図を一挙に公開します。


※1 チコチンコレクション  日本美術史の研究家で、イスラエル・ハイファに日本美術館を設立するほどの浮世絵コレクターであったフェリックス・チコチン氏は、欧米において北斎の魅力を広く知らしめ、北斎の高い評価を確立した。その氏が、最後まで手放さなかった秘蔵の作品であり、質・保存状態共に非常に優れた珠玉の浮世絵コレクション。
※2 浦上コレクション  萩市出身のコレクターの浦上敏朗氏が蒐集し、北斎や広重、国芳など江戸時代を代表する浮世絵師の作品を中心とした、非常に質・保存状態の優れた約5,500点の浮世絵コレクション。

1| 北斎漫画(初編〜15編/全883頁)



0602hokusai_b.jpg

葛飾北斎 『北斎漫画』三編 浦上満氏蔵

北斎が森羅万象を描いた全15編の絵手本。江戸の風俗、職人の作業の様子を始めとして、動植物、風景、人物、故事から妖怪に至るまで、約3,600図が生き生きと描かれています。

■『北斎漫画』はベストセラーだった!
『北斎漫画』は、当初、絵手本として1冊で完結の予定でしたが、予想以上の売れ行きで、庶民から大名まで大変人気を博し、全15編が刊行されました。初編は文化11(1814)年、北斎が55歳の時に刊行されましたが、90歳で亡くなった後も刊行され続け、明治11(1878)年に15編が刊行されて完結しました。

■見えないものまで描く、現代人も舌を巻く表現力!
北斎の優れた観察眼によって庶民の生活や名所の風景などが数多く描かれていますが、北斎の表現力は「風」のような目には見えないものまでも的確に描写しました。後刷りで背景に風の動きが追加されたものもありますが、初摺ではポージングや風になびく服の表現だけで、激しい「風」をリアルかつ魅力的に描いています。

0602hokusai_c.jpg

葛飾北斎 『北斎漫画』十二編 浦上満氏蔵


2| 冨嶽三十六景(全46点)

 富士山を主題として描かれた大判錦絵の風景画揃物。藍の主版を用いた36点に加え、好評により追加された墨の主版を用いた10点の計46点で構成。「凱風快晴」(通称:赤富士)や「神奈川県沖浪裏」(通称:大波)は、圧倒的な知名度を有し、世界中で日本のアイコンとして浸透しています。

0602hokusai_d.jpg(左)葛飾北斎 「冨嶽三十六景 常州牛堀」 山口県立萩美術館・浦上記念館蔵
(右)葛飾北斎 「冨嶽三十六景 甲州三坂水面」 山口県立萩美術館・浦上記念館蔵(チコチンコレクション)

■浮世絵に革命を起こしたベロ藍の使用!
 当時は希少で高価だったベロ藍を、海や湖などの水や空の表現だけでなく、通常は墨が使われる輪郭線で使用するなど、天保2(1831)年に刊行が始まった「冨嶽三十六景」シリーズで多用し、浮世絵の世界に衝撃をもたらしました。本展でも、藍一色で摺られた「常州牛堀」の貴重な初刷りを展示いたします。


■北斎の遊び心! 水面に映るのは真実、虚構?

 中央の富士の山頂には雪がなく生い茂る木々の緑から初夏を思わせますが、反射した湖面には雪を抱いた姿が映し出されています。北斎は鏡に映る美人図を何点か描いていますが、この富士も湖面の水鏡に眉目秀麗な雪化粧の姿を写しています。どちらが真実でどちらが虚構の像なのでしょう。様々な画題を描いた北斎らしい遊び心が感じられます。

0602hokusai_e.jpg

(左)葛飾北斎 「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」 山口県立萩美術館・浦上記念館蔵(浦上コレクション)
(右)葛飾北斎「冨嶽三十六景 山下白雨」 山口県立萩美術館・浦上記念館蔵(浦上コレクション)

3|富嶽百景(全102図)

 富士山にまつわる神話や伝説、歴史は古来から数多くあり、これらを踏まえて四季折々の富士山の姿を描いた絵本。初編・二編・三遍の3冊に計102図をおさめており、北斎絵本の最高傑作といわれる。

0602hokusai_f.jpg

葛飾北斎 『富嶽百景』初編 浦上満氏蔵


■75歳にしてなお成長を志す、驚くべき北斎の向上心!

『富嶽百景』初編の跋文は作品以上に有名かもしれませんが、70歳以前の絵は取るに足らないもので、73歳にしてようやく動植物の骨格や出生を悟ることができたと述べています。そして80歳でさらに成長し、90歳で奥意を極め、100歳で神妙の域へ、110歳になれば1点1格が生きているようになるだろうと記されており、100歳を超えてなお成長し、森羅万象を生き生きと描き、絵師として向上しようとする気概が感じられます。

■現代のマンガ表現にも通じる、圧巻の大・爆・発!
初編に描かれた「宝永山噴火」は、1707年におこった富士山の宝永大噴火の様子を描いたものです。噴火は1760年生まれの北斎が誕生する50年以上前に起きた噴火であり、その様子を実際に目にしてはいません。ですが北斎はこの大事件を、読み本の挿絵などで磨かれた様々な表現技術や想像力を用い、爆発で飛び散る人や物がまるで現代の高速カメラで捉えた静止画のようにも見える構図で、その激しさを描ききっています。


北斎をリスペクトする豪華なメンバーが集結、画狂の絵師・北斎の魅力を引き出します!

 世界一の北斎漫画コレクターである浦上満氏、国際的な注目を集める建築家の田根剛氏、鬼才アートディレクター・ブックデザイナーの祖父江慎氏、日本美術を主な領域とするライター・エディターの橋本麻里氏ら、北斎を敬愛するメンバーが集結し、北斎が持つ過剰なほど多彩な側面のすべてと出会える空間が、この夏、六本木に出現します。

0602hokusai_g.jpg

(左から 浦上満 田根剛 祖父江慎 橋本麻里)


1. "世界一の北斎漫画コレクター"浦上満氏のコレクションを一挙大公開!
【ご本人からのコメント】 18歳の時に「北斎漫画」に遭遇し、衝動買いしてから50年、ひたすら蒐集して1,500冊超。北斎に心を奪われた変人たちと協力して空前の「北斎づくし」を展開します。皆さんも是非一緒になって北斎にどっぷりつかって見ませんか?!

2. フランス国立グランパレ美術館で開催された「北斎展」の会場デザインも手掛け、北斎を敬愛する建築家・田根剛氏が生み出すかつてない空間
【ご本人からのコメント】北斎とレオナルド・ダ・ヴィンチこそが、人類史上で生きとし生けるものを描きつくし、そしてその画に生命を宿し、動きを与えたいと神に願った執念にこそ、時代を超えて世界中のひとびとに驚きと喜びを与えてくれる。

3. アートディレクター・祖父江慎氏が手掛ける、グラフィックの数々!
【ご本人からのコメント】 北斎といえばやっぱり「笑い」です。印刷技術を使って、これほど庶民をあっと驚かせ続けた絵描きっていません。今ではずいぶん偉くなってしまいましたが、この展覧会では北斎の原点に戻って「つっこみどころ満載の笑い」を楽しんでいただけるよう張り切って準備しています。ぎゃふん。

4. 橋本麻里氏が手掛ける、わかりやすく楽しい展示解説!
【ご本人からのコメント】 森羅万象をフラットに扱い、ある限りを蒐集する「尽くし」は、近代的な分類・整序と全く異なる世界観に基づく手法だ。北斎の作品と文化的遺伝子(ミーム)が充満した=尽くされた会場で、その混沌と興奮を体感いただきたい。

5. 本展のために取得した高精細データで、北斎の描いた世界へ没入!
 世界最高峰の文化財デジタルアーカイブ実績を誇る凸版印刷が、本展のために新たに取得した、和紙の繊維まではっきり確認できるほどの高精細なデジタル画像を活用。江戸の情景や庶民の生活、空想など、北斎が描いた世界へ没入します。

0602hokusai_h.jpg

(左)「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」デジタルデータの拡大イメージ:山口県立萩美術館・浦上記念館(浦上コレクション)
©凸版印刷株式会社
(右)建築家・田根剛氏によるデジタル展示プラン (イメージは構想段階のものです)

【開催概要】
■展覧会名/生誕260年記念企画 特別展「北斎づくし」
■会期/7月22日(木・祝)〜9月17日(金)
■会場/東京ミッドタウン・ホール[東京ミッドタウン B1](港区赤坂9-7-2)
■開館時間/11時〜19時(入場は18時まで)
■観覧料/大人:1,800円 大学生・専門学校生:1,200円 高校生・小中学生:900円
■休館日/8月10日(火)、24日(火)、9月7日(火)
■主催/凸版印刷、日本経済新聞社 ほか
■協賛/富士フイルム株式会社
■特別協力/浦上蒼穹堂
■協力/山口県立萩美術館・浦上記念館、公益財団法人 山形美術館
■問合せ/050(5542)8600(ハローダイヤル)  受付時間:9時〜20時
※会期・休館日が変更になる場合がございます。ご了承ください。

◎公式サイト→ https://hokusai2021.jp/

★こちらの観覧券を5組10名様にプレゼント!
★申込み締切 6/28(月)12:00まで
※当選者の発表は商品の発送をもってかえさせていただきます。

更新日:2021年6月2日(水)

生誕260年記念企画 特別展「北斎づくし」

入力例:foo@example.com

ログイン後に送信可能になります。ページ上部にある認証ボックスより認証をしてください。

会員登録はこちら web限定会員プレゼント 今月のladytokyo 媒体資料 朝日おでかけ