【特集】サーリネンとフィンランドの美しい建築展

【特集】サーリネンとフィンランドの美しい建築展


 美しい森と湖で知られる北欧の国フィンランド。日本でもファンの多いフィンランドのモダニズムの原点を築いたのがエリエル・サーリネン(Eliel Saarinen 1873-1950)です。サーリネンはヘルシンキ工科大学在学中に出会ったゲセリウスとリンドグレンと共同で設計事務所を設立し、1900年パリ万国博覧会フィンランド館の建築が好評を博して、みごとなデビューを果たします。初期の作風は、ナショナル・ロマンティシズムと称される、アール・ヌーヴォーの影響をうかがわせながらも民族の独自の文化的ルーツを表現した建築で、当時、独立を求めていたフィンランドの人々を鼓舞させるものでした。
 3人はやがて、静かな自然のなかで暮らしながら協働し、芸術家たちと交流できる理想の生活の場として、ヘルシンキの西の郊外の湖畔に、設計事務所兼共同生活の場ヴィトレスクをつくります。(3人の共同建築設計事務所は1896-1905年)住宅、商業建築、公共建築、駅や都市のデザインと、次第に幅を広げていくサーリネンの設計活動は、20世紀前半の近代化と手を携えていました。その作風は、多様な文化を受け容れつつ民族のルーツを希求した初期のスタイルから、独自の形態を通じて新しいフィンランドらしさを提示しようというモダニズムに展開します。1923年に活動の展開を求めてアメリカに渡ってからは、自らが設計したクランブルック・アカデミー・オブ・アート(美術学校)で教鞭をとるほか、同じく建築家となった息子のエーロ・サーリネン(1910-1961)と建築事務所を設立し、ともに設計に励みました。
 本展は、渡米までのフィンランド時代にスポットをあて、図面や写真、家具や生活のデザインといった作品資料の展示を通して紹介します。つねに革新を求めつつ、自然や風土に根ざし、光と陰影を取りこんで豊かな表情を見せるサーリネンのデザインは、生活のあり方を一歩立ち止まって考え直す時を迎えている今の私たちの心に深く語りかけるでしょう。


0602saarinen_b.jpg

(左上)ポホヨラ保険会社ビルディングの中央らせん階段 Photo ©Museum of Finnish Architecture/ Karina Kurz, 2008
(右上)ヴィトレスクのサーリネン邸のダイニングルーム Photo: Ilari Järvinen/Finnish Heritage Agency, 2012
(左下)1900年 パリ万国博覧会フィンランド館 ラハティ市立博物館
(下段中央)エリエル・サーリネン《椅子「コティ」》
1897年 製作:フイッティネン村の家具職人フィンランド・デザイン・ミュージアム
(右下)エリエル・サーリネン《バラのタペストリーのスケッチ》1904年 フィンランド・デザイン・ミュージアム


「デザインとは、ひとまわり大きな枠組みから考えるもの。

椅子は部屋から、部屋は家から、
家は周辺の環境から、 その環境は都市計画から考えるのです。」
Eliel Saarinen, The City: Its Growth, Its Decay, Its Future, 1943

0602saarinen_c.jpg

(左)夜のヘルシンキ中央駅玄関、エーミル・ヴィークストロムによる彫像《ランタンを持つ人》
  Photo ©Museum of Finnish Architecture/ Foto Roos
(右)エリエル・サーリネン《シカゴ・トリビューン本社ビル国際設計競技応募案 透視図》1922年 フィンランド建築博物館

展覧会の見どころと特徴

1. フィンランドの独立の足がかりを築いた1900年パリ万国博覧会フィンランド館
サーリネン達が設計したフィンランド館はセーヌ右岸の万国通りに建てられ、東西約40メートル、幅約10メートルという規模で、中世の教会のような外観を呈していました。建築を装飾するのはクマ、カエル、リスといった自然界の仲間たち。本展ではCGと新規制作模型(縮尺1:100)で、このフィンランド館をご覧いただけます。

2. 英国アーツ・アンド・クラフツがかかげた理想を、
 北欧で現実のものとしたサーリネンの暮らしのデザイン

19世紀後半に、イギリスのウィリアム・モリスが理想とした中世風の手仕事による美しい暮らしの環境の実現は、その高い理想がゆえに矛盾をはらんでいました。しかし、サーリネンらの北欧デザインは、豊富な森林資源を背景に芸術と産業の協働をみごとに実現しました。家具や陶磁器、テキスタイルなど北欧の様々な暮らしのデザインをご覧いただきます。

0602saarinen_d.jpg3. アアルトもあこがれたエリエル・サーリネン。
 彼が築いたフィンランドのモダニズムの原点

近代建築の巨匠アルヴァ・アアルト(1898-1976)に代表されるフィンランドのモダンデザイン。その原点を築いたのが、エリエル・サーリネンです。フィンランド人に愛されるその格調高いデザインを、ドローイング、家具デザイン、都市・建築に、多角的にご紹介します。

(写真右)建築家エリエル・サーリネンの肖像写真
Photo: Daniel Nyblin/ Finnish Heritage Agency, 1897


■展覧会名/サーリネンとフィンランドの美しい建築展
■会期/7月3日(土)〜9月20日(月)
■開館時間/10時〜18時(入館は17時30分まで)
※8月6日(金)、9月3日(金)は夜間開館 20時まで(入場は19時30分まで)
■休館日/水曜日、8月10日〜13日
■入場料/一般800円、65歳以上700円、大学生600円、中・高校生400円、小学生以下無料
※障がい者手帳を提示の方、および付添者1名まで無料
■主催/パナソニック汐留美術館
■後援/フィンランド大使館、フィンランドセンター、一般社団法人日本フィンランド協会、一般社団法人日本建築学会、公益社団法人日本建築家協会、港区教育委員会
■協力/日本航空
■企画協力/株式会社キュレイターズ
■会場構成/久保都島建築設計事務所
■会場/パナソニック汐留美術館  東京都港区東新橋1-5-1 パナソニック東京汐留ビル4階
■問合せ/050(5541)8600(NTTハローダイヤル)

◎公式HP https://panasonic.co.jp/ls/museum
◎公式Facebook https://www.facebook.com/shiodome.museum
◎公式Twitter @shiodome_museum

※画像写真の無断転載を禁じます

★こちらの観覧券を5組10名様にプレゼント!
★申込み締切 6/25(金)12:00まで
※当選者の発表は商品の発送をもってかえさせていただきます。


更新日:2021年6月2日(水)

サーリネンとフィンランドの美しい建築展

入力例:foo@example.com

ログイン後に送信可能になります。ページ上部にある認証ボックスより認証をしてください。

会員登録はこちら web限定会員プレゼント 今月のladytokyo 媒体資料 朝日おでかけ