【特集】特別展大映博物館ミイラ展 古代エジプト6つの物語

【特集】特別展大映博物館ミイラ展 古代エジプト6つの物語


 歴史の殿堂として知られるイギリスの大英博物館は、古代エジプト文明の研究でも世界を牽引してきました。その研究成果を紹介する本展は、6体のミイラを選りすぐり、CTスキャンを用いた画像解析によって、外側からはうかがい知ることのできないミイラの謎を解き明かし、古代エジプト人の生き様や文化を紹介します。
 王家の所領を管理する役人、代々続く名家の神官、既婚女性、幼い子ども......展示される6体のミイラは、年齢や性別、社会的立場や暮らしていた時代も様々です。彼らはどのような人生を送ったのちにミイラとして残ったのか―? CTスキャン画像をもとにした高精度の映像や、「食」「健康」「音楽」「家族」などのテーマに沿った展示物を交え、各ミイラの6つの物語を展開します。神々の像やミイラ作りの道具は、古代エジプトの信仰や死生観を垣間見せる一方、女性の装身具や子どものおもちゃなどは、今も昔も変わらない人々の暮らしを伝えています。
 2019年に日本の調査隊が発見し、現在も調査が続いているサッカラ遺跡のカタコンベ(地下集団墓地)を実寸大の部分模型で再現するなど、日本独自の展示も行います。


01 "歴史の殿堂"大英博物館からミイラがやってくる!

 世界最大級の古代エジプトコレクションを誇り、ミイラ研究を牽引してきた大英博物館が選りすぐった6体のミイラと約250点の貴重な遺物が展示されます。

1103miira_b.jpg

(左)大英博物館 外観 © The Trustees of the British Museum
(右上)襟飾り 前2040〜前1985年頃、大英博物館蔵 © The Trustees of the British Museum
(右下)ジェドバステトイウエフアンクのカノポス壺 前380〜前343年頃、大英博物館蔵 © The Trustees of the British Museum

1103miira_d.jpg

(左1)ホルス神に授乳するイシス女神像 前664〜前332年、大英博物館蔵 © The Trustees of the British Museum
(左2)黄金のカルトナージュのミイラマスク 前100〜後100年頃、大英博物館蔵 © The Trustees of the British Museum
(左3)猫のミイラ 国立科学博物館蔵 © The Trustees of the British Museum
(右上)車輪がついた馬の玩具 前30年以降、大英博物館蔵 © The Trustees of the British Museum
(右下)猫の青銅製像 前664〜前332年頃、大英博物館蔵 © The Trustees of the British Museum

02 高精度の"ミイラの復元映像"!

 ミイラ1体につき約7000枚という破格の撮影枚数のCTスキャン画像から作成された高精度の映像で、生前の健康状態やミイラ化の過程などを解き明かしていきます。

1103miira_c.jpg

(上段左)アメンイリイレトの内棺と、ミイラのCTスキャン画像から作成した3次元構築画像
 末期王朝時代・第26王朝、前600年頃 © The Trustees of the British Museum
(上段中央)カルトナージュ棺に納められたネスペルエンネブウのミイラと、CTスキャン画像から作成した3次元構築画像
 第3中間期・第22王朝、前800年頃、大英博物館蔵 © The Trustees of the British Museum
(上段右)ペンアメンネブネスウトタウイの内棺と、ミイラのCTスキャン画像から作成した3次元構築画像
 第3中間期・第25王朝、前700年頃、大英博物館蔵 © The Trustees of the British Museum
(下段左)タケネメトのミイラと、CTスキャン画像から作成した3次元構築画像
 第3中間期・第25王朝、前700年頃、大英博物館蔵 © The Trustees of the British Museum
(下段中央)子どものミイラと、CTスキャン画像から作成した3次元構築画像
 ローマ支配時代、後40〜後55年頃、大英博物館蔵 © The Trustees of the British Museum
(下段右)若い男性のミイラと、CTスキャン画像から作成した3次元構築画像
 プトレマイオス朝時代後期ローマ支配時代初期、前100〜後100年頃、大英博物館蔵 © The Trustees of the British Museum

03 日本人研究者による最新の発掘調査も紹介!

 日本独自コンテンツとして、本展監修者の一人である、金沢大学・河合望教授の率いるチームが発掘中のサッカラ遺跡のカタコンベを実寸大の部分模型で再現。通常は入ることのできない、発掘調査中の遺跡内部を紹介します。



■展覧会名/特別展「大英博物館ミイラ展 古代エジプト6つの物語」
■会期/2021年10月14日(木)〜2022年1月12日(水) ※会期等は変更になる場合がございます。
■開館時間/午前9時〜午後5時(入場は閉館時刻の30分前まで)
■休館日/月曜日、12月28日(火)〜1月1日(土・祝)
※ただし12月27日(月)、1月3日(月)・10日(月・祝)は開館
■入場料/一般・大学生2,100円 小・中・高校生600円 (いずれも税込)
※未就学児は無料。障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料。
※公式サイトでの日時指定予約が必要です
■会場/国立科学博物館(東京・上野公園) 〒110-8718 東京都台東区上野公園7-20
■主催/国立科学博物館、大英博物館、朝日新聞社
■協賛/鹿島建設、DNP大日本印刷、パナソニック、三菱商事
■協力/日本航空
■監修/国立科学博物館長 篠田謙一、国立科学博物館 人類研究部 人類史研究グループ長 坂上和弘、金沢大学 教授 河合望
■お問い合わせ/TEL.050-5541-8600(ハローダイヤル)FAX:03-5814-9898

◎ホームページ→ https://daiei-miira.exhibit.jp


★こちらの観覧券を3組6名様にプレゼント!

★申込み締切 11/19(金)12:00まで
※ 当選者の発表は商品の発送をもってかえさせていただきます。


更新日:2021年11月3日(水)

特別展大映博物館ミイラ展
受付は終了しました。

ログイン後に送信可能になります。ページ上部にある認証ボックスより認証をしてください。

会員登録はこちら web限定会員プレゼント レディ東京LINE 今月のladytokyo 媒体資料 朝日おでかけ