帝国ホテル 東京

帝国ホテル 東京


今年のフィナーレを飾るひととき

 一年の締めくくりは、フィナーレにふさわしい美食を堪能したいもの。親しい人たちとようやく会えるようになった今、ぜひ訪れてみたい帝国ホテルのレストランを紹介します。新設された「ホテルバル」では、フランス料理と日本料理それぞれのレストランの味を美味しいお酒とともに楽しめます。


◎フランス料理レストラン 「ラ ブラスリー」

■時間:
[火〜土]ランチ 11時30分〜14時30分(L.O.14時)/ディナー 17時〜21時30分(L.O.20時30分)
[日・祝]11時30分〜20時(L.O.19時) ※月曜定休日(月曜が祝日の場合営業、翌火曜休み)
■問合せ・予約:TEL.03-3539-8073(直通)


「ラ ブラスリー」がリニューアルオープン

 1983年のオープン以来、時代を超えて愛されてきた「ラ ブラスリー」(タワー館地下1階)が、フランス色満載にリニューアルオープン。ミュシャの壁画に彩られたエレガントなアールヌーボーの空間はそのままに、メニューを一新しました。フランス料理とワインを心ゆくまで楽しむことができます。日替わりのテリーヌ5種をはじめ、肉や魚のメイン料理、蒸し野菜・ポムフリットといった付け合わせなどを、好みで組み合わせられる形で用意。シャリアピンステーキやコンソメスープなど伝統のフランス料理も健在です。
 本場パリのブラスリーのような気取らない雰囲気が魅力。新しくなったホテルの美味をぜひ堪能してください。


1201teikoku_b.jpg


◎日本料理 「帝国ホテル 寅黒」

■時間:[火〜土]17時〜22時30分(L.O.20時30分) ※日・月曜・祝日 定休日
■問合せ・予約:TEL.03-3539-8224(直通)


ホテル直営の日本料理店「帝国ホテル 寅黒」

 「和食」は、今や世界中で愛され、海外の著名なシェフたちもその心と技を学んでいます。11月1日、タワー館地下1階に新規オープンしたのは、帝国ホテル直営の日本料理店「帝国ホテル 寅黒」。世界のVIPを日本の心でもてなす和のダイニングとして誕生。ミシュラン三つ星「神楽坂 石かわ」、「虎白」の両店で研鑽を重ねた鷹見将志氏を調理責任者に迎え、帝国ホテルの料理人が腕をふるう感動の日本料理が味わえます。
 伝統と革新の精神を受け継いできた帝国ホテルの文化が響き合う新たな美味の境地。1年の終わりだからこそ、心に残る日本料理を味わい、親しい人たちと語り合う贅沢なひとときを過ごしませんか。


■■ IMPERIAL HOTEL TOKYO INFOMATION ■■

1201teikoku_c.jpg

「ホテルバル」 NEWオープン
 2つのレストラン「ラ ブラスリー」と「帝国ホテル 寅黒」では、それぞれの店舗に隣接した「バル」を併設しました。帝国ホテルのフランス料理と石かわグループの日本料理、合わせて30種類のメニューをシームレスに味わえる夢のスポット。ソムリエが厳選したシャンパン、ワイン、日本酒などと一緒に、予約なしで気軽に利用可能。お得な「サブスクリプションサービス」にも注目です。

◆料理・ドリンクいずれも 800円〜
◆時間:[火〜土]17時〜22時(L.O.21時30分) [日]11時30分〜20時(L.O.19時)
※月曜定休日(月曜が祝日の場合は営業、翌火曜休み) ※日曜・祝日はフランス料理のみの提供
◆問合せ:TEL.03-3539-8073(ラ ブラスリー)

更新日:2021年12月1日(水)

会員登録はこちら web限定会員プレゼント レディ東京LINE 今月のladytokyo 媒体資料