過去プレゼント

【特集】松岡コレクション めぐりあうものたちVol.2

展示会ポスター

松岡美術館(東京都港区白金台5-12-6)は2022年8月2日(火)から10月23日(日)まで、「松岡コレクション めぐりあうものたち Vol.2」を開催します。創設者 松岡清次郎は自らオークションや公募展に出向き、琴線にふれる作品とめぐりあい、約2,400点のコレクションを蒐集しました。清次郎が愛した芸術もまた、様々な人やモノ同士のめぐりあいの上に成り立っています。今回は館蔵の中国陶磁、中国絵画、日本画、西洋画、能面などのコレクションを再構成し、3会期連続で「出会い」をテーマにした企画展を開催します。そのVol.2となる本展では、「霊獣の文様」「西洋絵画展 -東洋のかおり」「中国青銅器 文様」を開催。 龍や鳳凰などのモティーフが用いられた陶磁器・銅鏡・翡翠作品、中国や日本からの影響をはらむ西洋画、文様に着目して中国青銅器をご紹介します。作品との出会い、作品に内包された様々な出会いをお楽しみください。

■企画展1 「霊獣の文様(しるし)」

現代には、空想上のいきものたちが様々な場所に息づいています。古代中国を発祥とし、日本でもなじみの深い龍や鳳凰、麒麟、獅子などは、吉祥をもたらす存在として霊獣あるいは瑞獣と呼ばれ、多くの工芸作品にその姿と思想が刻まれてきました。本展では、中国の銅鏡をはじめ、青花や五彩などの陶磁器、また玉の作品を通して、霊獣の文様についてご紹介します。そのはじまりや意味、そしてそこに映し出される人間の祈りや願いをお楽しみください。

(上段左から)緑釉酒尊 後漢時代 天馬鳳凰文鏡 唐時代  五彩龍文大壺「大明嘉靖年製」銘 景徳鎮窯(上段左から)青花麒麟文面盆 「大明萬暦年製」銘 景徳鎮窯 豆彩龍鳳文大盤 「大清雍正年製」銘 景徳鎮窯 碧玉獣耳鐶獅子鈕香炉 清時代

(上段左から)緑釉酒尊 後漢時代/天馬鳳凰文鏡 唐時代/五彩龍文大壺「大明嘉靖年製」銘 景徳鎮窯(下段左から)青花麒麟文面盆 「大明萬暦年製」銘 景徳鎮窯/豆彩龍鳳文大盤 「大清雍正年製」銘 景徳鎮窯/碧玉獣耳鐶獅子鈕香炉 清時代

■企画展2 「西洋絵画展 -東洋のかおり」

16世紀、世界の文化の中心は、オリエントにありました。西洋画の歴史は14世紀半ばごろからといわれますが、後世、日本や中国の文化が与えた影響は多大なものでした。西洋の人々は、東洋の文化の高さに学び、多くの画家たちが新境地を開いたのです。松岡清次郎は、自身の高い理想を育むように、サロン派、印象派、エコール・ド・パリの画家たちを中心に約130点の西洋画を蒐集しています。西洋文化に影響を与えた「東洋のかおり」を所蔵品からお楽しみください。

(上段左)チャールズ・エドワード・ペルジーニ 《束の間の喜び》
(上段中央)アメデオ・モディリアーニ 《若い女の胸像(マーサ嬢)》 1916 年-1917年頃
(上段右)ウィリアム・アドルフ・ ブーグロー 《編み物をする少女》 1874年
(下段左)アルベール・マルケ 《ツーロンの港》
(下段右)ウォルター・J・ワトソン 《スレドルの谷、北ウェールズ》 1911年頃

■特別展示「中国青銅器 文様」

館蔵の中国古代青銅器を3会期にわたって展示する第二弾。今展では青銅器の文様に着目し、その意味合いをご紹介します。

(左)饕餮虁龍文壺 商時代晩期 (右I虁龍百乳文方鼎 商時代晩期

(左)饕餮虁龍文壺 商時代晩期 (右)虁龍百乳文方鼎 商時代晩期

■常設展示

古代オリエント美術
古代ギリシア・ローマ彫刻
ガンダーラ・インド彫刻
ヨーロッパ近代彫刻(ブールデル、ヘンリー・ムア、エミリオ・グレコ)

■展覧会名/松岡コレクション めぐりあうものたち Vol.2
■会期/2022年8月2日(火)〜2022年10月23日(日)
■会場/松岡美術館 (東京都港区白金台5-12-6)
■開館時間/10時〜17時(最終入館時間16時30分)
※毎月第1金曜日 10時~19時(入館は 18時30分 まで)
■休館日/毎週月曜日(祝日の場合は翌平日)
■入館料/一般 1,200円/25 歳以下 500円高校生以下、障がい者手帳をお持ちの方無料
■アクセス/東京メトロ南北線・都営地下鉄三田線「白金台駅」1番出口から徒歩7分JR「目黒駅」東口から徒歩15分

◎松岡美術館 公式サイト
◎Twitter
◎Instagram
◎Facebook

★こちらの無料観覧券を5組10名様にプレゼント!
★申込み締切 9/2(金)12:00まで


※当選者の発表は商品の発送をもってかえさせていただきます。

★プレゼント応募は下記リンクページから↓↓↓

更新日:2022年8月17日(水)