新着

【特集】誕生50周年記念 ベルサイユのばら展 ーベルばらは永遠にー ※応募〆切9/22

誕生50周年記念 ベルサイユのばら展ーベルばらは永遠にー

©︎池田理代子プロダクション

東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52階)にて2022年9月17日(土)から11月20日(日)まで「誕生50周年記念 ベルサイユのばら展 ーベルばらは永遠にー」が開催されます。
池田理代子氏の『ベルサイユのばら(以下、ベルばら)』は、1972年4月から1973年12月まで、少女マンガ誌「週刊マーガレット」(現「マーガレット」、(株)集英社)に連載されました。フランス革命を背景にした壮大な歴史ドラマは、当時の「少女マンガで 歴史ものはあたらない」という常識を覆し、連載開始から少女たちの心をつかみ大ヒット。ファンレターが月に数万通届くほどの大人気作になり、少女マンガの歴史を変える不朽の名作となりました。

(左)『ベルサイユのばら』1巻表紙(マーガレット・コミックス)©池田理代子プロダクション/集英社(右)池田理代子氏プロフィール写真 ©大野愛子

(左)『ベルサイユのばら』1巻表紙(マーガレット・コミックス)
©池田理代子プロダクション/集英社
(右)池田理代子氏プロフィール写真 ©大野愛子

息遣いを残す連載当時の原画

まず本展では、名作誕生のきっかけをひもときます。20歳で漫画家デビューして以来、長年温めていた題材を発表するチャンスを得た池田理代子氏。選んだ題材は当時としては異例の歴史もの…マリー・アントワネットの生涯でした。「絶対にヒットさせる」とこのチャンスにかけた池田氏の情熱に迫ります。
作品の主要登場人物の紹介のあとは、いよいよ『ベルサイユのばら』連載当時の原画をご覧いただきます。『ベルばら』は2000頁にも及ぶ長大な物語ですが、本展では、特にマリー・アントワネットとオスカルの二人に焦点を当て、原画をストーリーに沿って展示します。物語の面白さはもちろん、いきいきとした美しく力強い線や胸に染みるセリフもお楽しみください。また、カラーイラストや当時としては珍しい 2色、4色の貴重な原画もご紹介いたします。
また、本編では描かれなかった秘話や真実を明らかにし、「40年ぶりの新刊」として話題になった『ベルサイユのばら エピソード編』の原画も公開します。池田氏の作品に込めた思いや、連載の舞台裏などのエピソードも紹介し、より深く「ベルばら」の世界を感じていただけます。

(上段左から)1972年『週刊マーガレット』21号表紙/『ベルサイユのばら』完全版7巻より (下段左から)『ベルサイユのばら エピソード編Ⅳ』より/『ベルサイユのばら エピソード編Ⅳ』より

(上段左から)1972年『週刊マーガレット』21号表紙/『ベルサイユのばら』完全版7巻より
(下段左から)『ベルサイユのばら エピソード編Ⅳ』より/『ベルサイユのばら エピソード編Ⅳ』より
©池田理代子プロダクション

宝塚歌劇、TVアニメーそれぞれの魅力に迫る

1974年8月、宝塚大劇場(兵庫県)で上演された宝塚歌劇版「ベルサイユのばら」。続く11月には東京公演が始まり、空前の「ベルばら」ブームを巻き起こしました。その後も繰り返し再演され、2014年には通算動員観客数500万人を記録した宝塚歌劇を代表する作品です。
また、1979年には、日本テレビ系列局でTVアニメ「ベルサイユのばら」が全40話で放送開始されました。制作には、監督にTVアニメ「巨人の星」を手掛けた長浜忠夫氏とTVアニメ「あしたのジョー」の出﨑統氏(19話から交代)、キャラクターデザインは荒木伸吾氏・姫野美智氏と、当時のアニメ界が誇るスタッフが結集。オープニング主題歌「薔薇は美しく散る」が大ヒットするなど、放送当時から話題を呼びました。その後も再放送を重ね、2021年から22年にかけてはコンプリートDVDブックが発売されるなど、今も根強い人気を誇ります。

原作との違いなどを紹介しながら、宝塚歌劇とTVアニメの「ベルサイユのばら」、それぞれの持つ独自の魅力に迫ります。海抜250メートルの展望台東京シティビューからの絶景と『ベルサイユのばら』が織りなす夢のような世界観をお楽しみください。

1989年雪組公演「ベルサイユのばらーアンドレとオスカル編ー」 ©宝塚歌劇団

1989年雪組公演「ベルサイユのばらーアンドレとオスカル編ー」
©宝塚歌劇団

■展覧会名/誕生50周年記念 ベルサイユのばら展ーベルばらは永遠にー
The Rose of Versailles 50th Anniversary Exhibition - The Rose of Versailles Forever -
■会館時間/10時~22時(最終入館 21時)
■入館料/
◎当日券・前売券
料金(税込):一般2,200円、学生(高校・大学生)1,600円、子供(4歳~中学生)1,000円、シニア(65歳以上)1,900円
◎早割前売券(日時指定券)※開幕までの期間限定で販売。当日/前売券より300円お得なチケットです。
料金(税込):一般1,900円、学生(高校・大学生)1,300円、子供(4歳~中学生)700円、シニア(65歳以上)1,600円
◎グッズ付きチケット(日時指定券)※数量限定のため、なくなり次第終了
東京展オリジナルデザインのハンカチ、クリアファイルからどちらかをお選びいただけるグッズ(非売品)付きの数量限定チケットです。
料金(税込):ハンカチ付き 3,800円、クリアファイル付き 2,700円
※一般料金チケットのみの販売となります。※上限枚数はお一人様あたり2枚となります。
■会場/東京シティビュー(東京都港区六本木 6-10-1 六本木ヒルズ 森タワー52階)
■会期/2022年9月17日(土)〜2022年11月20日(日)
■主 催/東京シティビュー、産経新聞社
■後 援/在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本、J-WAVE、TOKYO MX
■協 力/池田理代子プロダクション、(株)集英社、(株)トムス・エンタテインメント、阪急電鉄(株) 、
宝塚歌劇団、(株)宝塚クリエイティブアーツ、(株)宝塚舞台、(株)広真
■企画協力/メイプル
■問合せ/東京シティビュー 03(6406)6652(受付時間 10時〜20時)

◎展覧会 公式サイト
◎東京シティビュー公式サイト
◎公式twitter

★こちらの観覧券を5組10名様にプレゼント!
★申込み締切9/22(木)12:00まで
※当選者の発表は商品の発送をもってかえさせていただきます。

更新日:2022年9月7日(水)

★プレゼント申込みは下記リンクから↓↓↓