過去プレゼント

【特集】不変/普遍の造形 — 住友コレクション中国青銅器名品選 —【プレゼント応募〆切12/25】

01

泉屋博古館東京のリニューアルオープンを記念する展覧会のパート4として、世界屈指の呼び声高い住友コレクションの中国青銅器を一堂に会する貴重な機会。表紙の虎卣をはじめとして、コレクションを代表する名品がそろい踏み。はるか3,000年前の古代中国で生み出された奇想と超絶技巧の数々、さらにはその造形が後世の工芸に与えた影響まで、中国青銅器の不変/普遍の造形美を余すことなくお伝えします。

02

前知識がなくても大丈夫。難解なイメージをもたれがちな中国青銅器について、種類・用途・文様・モチーフ・金文・ 鑑賞の歴史など、さまざまな角度から丁寧に解説していきます。かわいい動物の姿をかたどった器や、一分の隙も感じさせないほど完璧に構築されたフォルムの器など、予備知識なしに楽しめるポイントが目白押し。

03

今回の展覧会にあわせて、中国青銅器の3D計測を実施、そのデータを用いたデジタルコンテンツを制作。現代のテクノロジーを活用した新たな中国青銅器の展示を公開します。

04

今回の展覧会にあわせて、国内では希少な中国青銅器の入門書を刊行予定。 ハンディサイズの入門書とともに、本展覧会を鑑賞することで、さらに中国青銅器の奥深い世界を体験することができます。

05

担当学芸員によるスライド解説トークや、講演会、実際に鋳造を体験することのできるワークショップまで、中国青銅器をさらに楽しむための各種イベ ントを予定。さらには港区に所在し、中国青銅器を収蔵する美術館とのコラボイベントも企画しており、2023年を青銅器の年にするべく盛り上げていきます。

(左)方格規矩四神鏡(ほうかくきくししんきょう)前漢末(前1世紀)泉屋博古館蔵
(右)画文帯同向式神獣鏡(がもんたいどうこうしきしんじゅうきょう)重要文化財
後漢末~三国(3世紀)泉屋博古館蔵


第1章
神々の宴へようこそ

見卣(けんゆう)_虎鴞兕觥(こきょうじこう)_饕餮文平底爵(とうてつもんへいていしゃく)_円渦文敦(えんかもんたい)

(左上)見卣(けんゆう)西周前期(前10世紀)泉屋博古館蔵(左下)虎鴞兕觥(こきょうじこう)殷後期(前13-12世紀)泉屋博古館蔵(右上)饕餮文平底爵(とうてつもんへいていしゃく)殷前期(前14世紀)泉屋博古館蔵(右下)円渦文敦(えんかもんたい)戦国前期(前5世紀)泉屋博古館蔵

第2章 謎多き文様の世界

戈卣(かゆう)

戈卣(かゆう) 殷後期(前12世紀)
泉屋博古館蔵

第3章 古代からのメッセージ

第4章 中国青銅器鑑賞の歴史

金銀錯獣形尊(きんぎんさくじゅうけいそん)北宋 (10-12 世紀)泉屋博古館蔵

■展覧会名/不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—
■会期/2023年1月14日(土)〜 2月26日(日)
■会場/泉屋博古館東京(東京・六本木)
(〒106-0032 東京都港区六本木1丁目5番地1号)
■開館時間/11時〜18時 ※最終入館は午後17時30分まで
※金曜日は19時まで開館(入館は18時30分まで)
■休館日/月曜日
■入館料/一般1,000円 高大生600円 中学生以下無料
■主催/公益財団法人泉屋博古館、日本経済新聞社
■助成/文化庁 令和4年度 Innovate MUSEUM 事業
■後援/港区教育委員会
■お問い合わせ/TEL: 050-5541-8600(ハローダイヤル)
■アクセス/東京メトロ南北線「六本木一丁目」駅下車 北改札正面 泉ガーデン1F出口より屋外エスカレーターで徒歩3分
東京メトロ日比谷線「神谷町」駅下車 4b出口より徒歩10分
東京メトロ銀座線「溜池山王」駅下車 13番出口より徒歩10分

泉屋博古館東京ホームページ
Twitter / Instagram

★こちらの観覧券を5組10名様にプレゼント!
★申込み締切 12/25(日)12:00まで
※当選者の発表は商品の発送をもってかえさせていただきます。

プレゼント応募

更新日:2022年12月16日(金)