マダムのり子の「おしゃれの哲学」

マダムのり子の「おしゃれの哲学」



*** VOL.03 ***


■ 今年の春はデニム(ジーンズ)のおしゃれを楽しみませんか? ■


 女らしさもカッコ良さもあきらめたくない大人のキーアイテムにはデニムがあると言っても過言ではないと思っています。春の足音が聞こえて来るこの時期になると、毎年こぞってファッション雑誌ではデニム特集が組まれています。私たち大人世代にもデニム人気がますます上昇しています。

 デニムほど穿いてみなければわからない服はありません。カッコ良さも、こなれ感も、おしゃれ上級者感も、すべて手に入るのがデニムのすごいところです。日常着でだけで終わらせるのは勿体ないです。この春デニムを穿く楽しさにチャレンジしてみませんか?

 私自身も10年ほど前までは自分にデニム似合わないと思っていました。その頃、特に人気だったローライズは体型には合わなくて、お腹のお肉は目立つし、しゃがむと下着やお尻が見えそうだし、大人が穿くものでは無いと思っていたのです。

 ある日、百貨店のデニム売り場でダメでもともとだと思い試着してみたらなんと、願いを叶えてくれるデニムがあったのです。それからデニムに開眼しました。おしゃれの世界が広がりました。今では、一週間違うデニムを穿いてもまだ余るほど色々なタイプのデニムを持っています(笑)


【デニム選びのポイント】

・第一に自分の体型にあったデニムを選ぶこと!
・あえて、サイズを大きくしすぎない  →隠そうとすると、逆効果になってしまいます
・お店の方に要望を伝えて探して貰うのも手っ取り早い方法
 百貨店にはジーンズソムリエが常駐しているところもあります
必ず、試着をすること。
試着室から出て大きな鏡で全身を見ること →綺麗に穿けているかを自問自答


■体型別似合うデニム■

★★上半身ガッチリタイプの方には★★

 ストレート、太目デニムで下半身を重ために。上半身に対して細く仕上げない。色味は淡いものから濃いブルーまでオールマイティーに似合います。


0306noriko_a.jpg

(ストレートデニム)

★★下半身ガッチリタイプには★★

 スキニー、スキニーよりのストレート。脚を隠そうとサイズアップはしない。とにかくすっきり見せる。色味で視覚的な引き締め効果を狙う。濃いブルーや太ももの中心が薄くなっている物。


0306noriko_b.jpg

(スキニーデニム)

★★全体的に痩せているタイプには★★

 選べるタイプが多い一方、コーディネイト力がカギ。ワイドやフレア、あえてボリュームのあるデニムで全体的に立体感をだす。スキニ―の時は上にボリュームのあるものを着る。

0306noriko_c.jpg

(ワイドデニム)


 究極のデニムが欲しい方に朗報です! 自分の体型に合わせたオリジナルデニムが手に入れることができます。リーバイスでは世界に一つだけのカスタマイズデニムを作れるサービスがあるのです。私も今年こそは自分だけのデニムを手にいれてみたいと思っているところです。

★詳しくは Levis Taller Shop リーバイス ストア新宿店 にお問い合わせ下さい
東京都新宿区新宿3-29-12

 デニムは合わせるトップスや小物でかなり印象を変えることができます。ラフでいながらエレガントにも装えるのがデニムの良いところ。「私はデニムを穿きません」と言う大人の女性こそ、デニムを穿いてほしいと思うのです。デニムを穿くと格段に若々しく見えますし、おしゃれの幅が広がりますから。 そして、何よりも大事なものは笑顔です。 年齢にとらわれることなく、笑顔でデニムを颯爽と穿きこなしましょう!

 ■  P R O F I L E  ■ 

0109nobuko_e.jpgパーソナルスタイリスト
信田 教子(のぶた のりこ)

専業主婦から50歳で資格を取り、パーソナルスタイリストに。悩みが生じてくる50代こそスタイリングで自分を変えられるという信念の基、メンタリティーをあげるコーディネートのお手伝いをしている。ショッピングアテンド、ショッピングクルーズ、ワードローブ診断、各種講座を開催。ショップチャンネルのゲスト出演も務めるなど幅広く活躍中。

更新日:2019年3月6日(水)

会員登録はこちら web限定会員プレゼント 今月のladytokyo 朝日おでかけ ふるさといろは.com