柏木京子のココロが喜ぶおうちご飯

柏木京子のココロが喜ぶおうちご飯



● VOL.09 ● みょうがご飯



kashiwagi09.jpg


 今回は旬のみょうがが主役。 私が社会人になりたての頃、お料理の先生から教えてもらったレシピです。当時の私はみょうがが苦手。この炊き込みご飯を食べた時にこんな優しい味になるんだ?と衝撃を受けたのを覚えています。それから毎年、夏の終わり頃になると作っています。家族もおかわりして食べる、大人気の炊き込みご飯。シンプルな料理なので、素材の味が生きてきます。新鮮なみょうが、おいしいお出汁、油揚げ、がポイント。塩分の入っているお出汁を使う場合は、塩を加減してくださいね。優しい香りに包まれて、おいしく召し上がってください。


kashiwagi09_a.jpg

【材料】
(2〜3人分)
米................................. 2合
みょうが........................ 3本
油揚げ........................... 1枚
出汁.............................. 365ml(ちょうど良い水加減--35ml)
醤油.............................. 小さじ1  
塩................................. 小さじ1/3 
みりん........................... 大さじ2


■ 作り方 ■

kashiwagi09_b.jpg
1. お米は洗って、ザルに上げて約30分置く。
油揚げは熱湯をかけて油抜きをし、厚みを半分にして約4cmの出来るだけ細い千切りにする。

kashiwagi09_c.jpg
2. 炊飯器(もしくは鍋)に、米、出汁、調味料を入れ、ひと混ぜする。油揚げをのせ、普通に炊く。
※出汁は調味料を加えて400mlが目安ですが、目盛を優先させ、いつもの水加減になるように調整してください。

kashiwagi09_d.jpg
3. みょうがは縦半分に切り、千切りにする。

kashiwagi09_e.jpg
4. 炊きあがったらすぐにみょうがを入れ、蓋を閉めて蒸らす。

kashiwagi09_f.jpg
5. 約15分蒸らしたら、しゃもじで全体をさっと混ぜ、器に盛る。
お好みで上に白ごまを振ると、香ばしい。



<<<
 ● VOL.08 ● 夏野菜の冷やしおでん

 ■  P R O F I L E  ■ 

kokoro_pro.jpg自宅料理教室「チアフルキッチン」主宰
にんべん だしアンバサダー
柏木京子(かしわぎ きょうこ)

出産時に生死の境をさまよった経験から「食の大切さ」を実感、自宅などで料理教室を始める。夫がアメリカ西海岸に転勤になった2011年からSkypeによるオンライン料理教室を開始。帰国後は「いまさら聞けない料理の基礎」など主婦の悩みに応えるテーマのレッスンを次々企画、人気を博す。オンライン教室はのべ1,000人以上が参加。自宅での料理教室もリピーターが多い。

更新日:2020年9月2日(水)

会員登録はこちら web限定会員プレゼント 今月のladytokyo 媒体資料 朝日おでかけ