柏木京子のココロが喜ぶおうちご飯

柏木京子のココロが喜ぶおうちご飯



● VOL.18 ● 季節野菜の具だくさんスープ



kashiwagi18_a.jpg


 蒸し暑い梅雨の季節。気圧差、温度差などで自律神経が乱れ、だるい、やる気がでないなど不調を感じやすくなります。そんな時はバランスの良い食事をとるのが一番。温かいスープがおすすめです。温かい物を食べると体の緊張が緩まり、リラックスしてきます。野菜がたくさん入っているので、ビタミン・ミネラルが豊富。免疫力アップも期待できます。今回は重ね煮の方法を取り入れ、野菜本来の力を引き出しました。毎日食べたい野菜たっぷりのスープ。美味しく食べて、梅雨を乗り切りましょう。

kashiwagi18_b.jpg
【材料】(2人分)

☆新玉ねぎ...........................1/2個
☆にんじん...........................1/2本
☆新じゃが...........................中1個
☆キャベツ...........................1/8個分
☆ベーコン...........................4〜5枚
☆プチトマト........................6個
☆アスパラガス.....................2本
☆にんにく...........................1/2かけ(みじん切り)
☆酒....................................大さじ1
水.......................................500〜600cc
塩.......................................小さじ1 
こしょう..............................少々
お好みのハーブ(オレガノ、ローズマリー、タイム、ローリエなど)
オリーブオイル.....................大さじ1
お好みで粉チーズ

■ 作り方 ■

kashiwagi18_c.jpg
kashiwagi18_d.jpg


1.
にんにくはみじん切り。他の全ての野菜、ベーコンを5mm〜1cmに切る。

kashiwagi18_e.jpg


2.
鍋にオイルを熱し、にんにく、玉ねぎ、塩ひとつまみを入れて炒める。玉ねぎがしんなりしてきたら、じゃがいも、にんじん、ベーコンを順番に重ねて入れる。酒、水1カップを加えて蓋をする。火は中火。
3. 蓋と鍋の間から蒸気が出ていい香りがしてきたら火を少し弱め、5分煮る。蓋を開けて全体を軽く混ぜ、にんじんが柔らかくなるまで煮る。

kashiwagi18_f.jpg


4.
残りの水、キャベツ、プチトマト、塩を加え、蓋をして煮る。3分〜5分煮たら全体を混ぜる。

kashiwagi18_g.jpg


5.
アスパラガス、ハーブを加えて約1分煮る。味見をして、塩、コショウ少々で味を整える。

kashiwagi18_h.jpg


6.
器に盛り、お好みで粉チーズをふる。


<<<
 ● VOL.17 ● 薬味たっぷりで食べる初鰹

 ■  P R O F I L E  ■ 

kokoro_pro.jpg自宅料理教室「チアフルキッチン」主宰
にんべん だしアンバサダー
柏木京子(かしわぎ きょうこ)

出産時に生死の境をさまよった経験から「食の大切さ」を実感、自宅などで料理教室を始める。夫がアメリカ西海岸に転勤になった2011年からSkypeによるオンライン料理教室を開始。帰国後は「いまさら聞けない料理の基礎」など主婦の悩みに応えるテーマのレッスンを次々企画、人気を博す。オンライン教室はのべ1,000人以上が参加。自宅での料理教室もリピーターが多い。

更新日:2021年6月2日(水)

会員登録はこちら web限定会員プレゼント レディ東京LINE 今月のladytokyo 媒体資料 朝日おでかけ