柏木京子のココロが喜ぶおうちご飯

柏木京子のココロが喜ぶおうちご飯



● VOL.07 ● 鶏ささみと梅の冷製パスタ



kasiwagi07.jpg

 蒸し暑さが増すこの季節。冷蔵庫にある食材で、さっぱり美味しい冷製パスタを作ってみませんか。 味付けは梅干しと醤油。どこの家にでもあるこの2つの組み合わせが、とても美味しい。 梅干しには、食中毒予防、疲労回復、食欲増進など、この時期に嬉しい効果が期待できます。 鶏ささみはくずを引いてつるんとした舌触りに。みつば、ブロッコリースプラウトが感じの良いアクセントになります。 パスタを素麺に代えたり、おかずとして麺なしでも美味しく召し上がっていただけます。

kasiwagi07_a.jpg
【材料】
(1人分)
極細パスタ(カッペリーニ )........................70〜100g
鶏ささみ ........................1本(70gくらい)  
塩 ........................1つまみ  
片栗粉 ........................小さじ1
なす ........................1本
とうもろこし ........................3cm分
みつば ........................1/2株
ブロッコリースプラウト........................1/4パック
(梅肉ソース)........................梅干し 大きめ1個(種を除き、実を包丁でたたく)         
醤油 ........................小さじ1         
オリーブオイル ........................大さじ1


■ 下準備 ■

kasiwagi07_b.jpg
鶏ささみは筋をフォークで挟み、キッチンペーパーで筋の端を持って引っ張って取り除く。一口大のそぎ切りにし、塩、片栗粉を全体にまぶす。
なすは皮をむき、ラップでふんわり包む。電子レンジ600Wで2分加熱。荒熱を取り、一口大に切る。

kasiwagi07_c.jpg
とうもろこしの皮を1枚ずつ残してラップで包み、電子レンジ600Wで4分加熱する。冷めたら3cm分を、包丁で実を削ぐ。

kasiwagi07_d.jpg
みつばは3cmに切り、ブロッコリースプラウトは根を切り落とす。
梅肉ソースの材料を合わせる。


■ 作り方 ■

kasiwagi07_e.jpg
1. 鍋に1000mlの湯を沸騰させ、鶏ささみを茹でて取り出す。残り湯に塩小さじ山盛り1(分量外)を加えて表示の茹で時間通りに茹で、冷水で冷やす。キッチンペーパーなどで水気を取る。

kasiwagi07_f.jpg
2. パスタに梅肉ソース、具材を合わせ、器に盛る。
3. お皿に盛り付け出来上がり。

kasiwagi07_g.jpg
4. 全体を混ぜていただく。


<<< ● VOL.06 ● 厚揚げと旬の野菜のごま和え

 ■  P R O F I L E  ■ 

kokoro_pro.jpg自宅料理教室「チアフルキッチン」主宰
にんべん だしアンバサダー
柏木京子(かしわぎ きょうこ)

出産時に生死の境をさまよった経験から「食の大切さ」を実感、自宅などで料理教室を始める。夫がアメリカ西海岸に転勤になった2011年からSkypeによるオンライン料理教室を開始。帰国後は「いまさら聞けない料理の基礎」など主婦の悩みに応えるテーマのレッスンを次々企画、人気を博す。オンライン教室はのべ1,000人以上が参加。自宅での料理教室もリピーターが多い。

更新日:2020年7月1日(水)

会員登録はこちら web限定会員プレゼント 今月のladytokyo 媒体資料 朝日おでかけ