柏木京子のココロが喜ぶおうちご飯

柏木京子のココロが喜ぶおうちご飯



● VOL.16 ● たけのこと豚肉の香り炒め



kashiwagi16_a.jpg


 春の訪れと同時に旬を迎えるたけのこ。たっぷりのお湯と米糠で湯がいて味わう山の恵みです。豊かな風味と甘さ、シャキシャキの食感はこの時期にしか味わえない格別な味! 下茹でからは大変そうという方は、お店で茹でたたけのこを使うのがお勧め。一年中売っているパックの水煮とは別物の美味しさです。今回はシャキシャキの食感を味わいたくて、たけのこを大きめに切りました。しっかり焼き色がつくまで焼き、香ばしさを加えましょう。木の芽を添えて、旬の美味しさをたっぷり味わってくださいね。


kashiwagi16_b.jpg

kashiwagi16_c.jpg
【材料】(4人分)

豚肉 .............................. 200g
塩 .......................................... 小さじ1/4
たけのこ .............................. 200g
絹さや .............................. 20枚くらい
オイル .............................. 小さじ2
醤油 .............................. 小さじ2
みりん .............................. 小さじ2
木の芽 .............................. 5〜6枚


■ 作り方 ■

1. 豚肉は食べやすい大きさに切り、分量の塩をふる。

kashiwagi16_d.jpg


2.
たけのこは4〜5cm、厚さ7mmくらいと、少し大きめに切る。

kashiwagi16_e.jpg


3.
絹さやは筋をとり、半分に切る。

kashiwagi16_f.jpg


4.
フライパンにオイルを入れて豚肉を炒め、こんがり焦げ目をつける。皿に取り出す。

kashiwagi16_g.jpg


5.
そのままのフライパンにオイルを入れ、たけのこに焦げ目をつけるように焼く。
4.の豚肉、絹さやを入れて炒め、調味料を加えて全体にからめる。

kashiwagi16_h.jpg


7.
皿に盛り付け、木の芽を添える。

kashiwagi16_i.jpg



<<<
 ● VOL.15 ● ねぎじゃこ

 ■  P R O F I L E  ■ 

kokoro_pro.jpg自宅料理教室「チアフルキッチン」主宰
にんべん だしアンバサダー
柏木京子(かしわぎ きょうこ)

出産時に生死の境をさまよった経験から「食の大切さ」を実感、自宅などで料理教室を始める。夫がアメリカ西海岸に転勤になった2011年からSkypeによるオンライン料理教室を開始。帰国後は「いまさら聞けない料理の基礎」など主婦の悩みに応えるテーマのレッスンを次々企画、人気を博す。オンライン教室はのべ1,000人以上が参加。自宅での料理教室もリピーターが多い。

更新日:2021年4月7日(水)

会員登録はこちら web限定会員プレゼント 今月のladytokyo 媒体資料 朝日おでかけ